新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ケプラヴィーク市

ケプラヴィーク市
簡易版

英語表記
Keflavik
フランス語表記
Keflavik
スペイン語表記
Keflavik
ロシア語表記
(調査中)
アラビア語名
(調査中)
中文表記
基夫拉維克

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ケプラヴィーク市」は、アイスランド共和国南西部でレイキャーネス半島?の北西部に位置する都市。

 首都のレイキャビク市?に近い都市で、首都圏に次いで高い人口密度。近郊にケプラヴィーク国際空港を擁している。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「ケプラヴィーク市」は、都市としては16世紀に創建された。1995年に、ケプラヴィーク市を含む近隣の都市とタウン、3つが合併し、レイキャネースベア州?(Reykjanesb?r)が発足。現在、ケプラヴィーク市は、州内で最も都市化が進んだ街区になっている。

 2008年時点で、レイキャネースベアの人口は14,000人弱。内、かなりの割合が、ケプラヴィーク市から隣接するニャールズヴィーク?に居住。どちらかと言うと、ケプラヴィーク市が商業地区に、ニャールズヴィークが住宅地区になっている。

 ケプラヴィーク市は、漁業、食品加工業が盛んだったが、1940年代に建設された空港が、ケプラヴィーク国際空港として発展するに連れ都市も発展。隣接したニャールズヴィークと共に、急速に都市化していった。

 ケプラヴィーク国際空港がある関係で、バック・パッカー?も含んだ各国の旅行者が多数が往来、あるいは滞在。ホテルやユース・ホステルの類は、高級から安宿まで幅広い(と、想定)。ユース・ホステルなど安宿は、ニャールズヴィークに多いようだ。


 都市は、レイキャーネス半島のフィヨルド性の海岸に面している。

 冷戦中は、ケプラヴィーク空港が、NATO軍の軍事空港として活用された他、港湾もNATO軍の潜水艦が寄港する軍港として用いられた。

【参照地図】
  • レイキャネースベア州?の州域(Wikimedia Commons
    Image:Reykjanesbaer map
    ケプラヴィーク市の市街地は州域の北部、北東寄り。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/28 11:37:53
キーワード:
参照:[アイスランド防衛隊] [ケプラヴィーク国際空港] [南西地方,アイスランドの〜]
このページは凍結されています。