新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

スペイ川

スペイ川 スペイがわ (River Spey) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「スペイ川」は、スコットランド中北部で、モナリア山脈グランピアン山脈東部との間を、概ね南西から北東の方向に流れて、北海に連なるモレー湾?の南部に注ぐ川。

 上流の途中から中流域の全域にかけてが、ケアンゴームス国立公園?の領域に含まれている。

 流域各所の町で蒸留されるスコッチ・ウィスキーが有名。シーズンには、サーモン釣りに挑む釣り人で、賑わう。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 スペイ川は、モナリア山脈の西部にて、グランピアン山脈の北方にあたる、標高300mほどに位置する小さな湖、スペイ湖から流出。同湖は、ネス湖?南西岸のフォート・オーガスタ?村南方、16kmほどにあたる山中でカレドニア・パイン(松の一種)の樹林に囲まれている。

 川長172kmは、スコットランドで2番目に長い川。


 スペイ湖から流出した川は、はじめ西流。ニュートンモア(Newtonmore)の付近で北西に転じ、キンギューシー?の南を流れた後、インシュ湖(Loch Insh)に入る。

 インシュ湖のエリアでは、流れがよどみ、川幅が広がって湖沼のようになっている。一帯は、地理的な特殊性から国定の自然保護区に指定されている。ケアンゴームス国立公園内で、特に重点保護地域に指定されている型。

 インシュ湖から流出した後、さらに北西に流れアヴィーモア(Aviemore)の南を過ぎたあたりから、険しい渓谷(スペイ渓谷)に入る。南の渓谷越しに遠景されるベン・リネス山?を過ぎ、下流の町アベロール(Aberlour)の手前あたりから左右が開ける。アベロールを過ぎると、平坦地に入り、小さく蛇行した後、北流に転じる。

 北流に転じた後は、20km弱ほどで、モレー湾南岸に開いた河口に達する。

 アヴィーモアから河口までの沿岸には、道程113kmほどのハイキング・コースが設定されている。アヴィーモアから、グランピアン山脈方面などへ、さらに何本かのハイキング・ルートが設定されている。

 流域が山地に囲まれたスペイ川は、降水を集める範囲が広い。周辺の山地から多数の地域河川を合しながら下っていく流れは、スコットランドで最も急流とされている。あるいは、U.K.で一番の急流かもしれない、とも言われる。地形が原因で、下流に行くほど流れが急になる特徴を持つ。

 流域の町で営まれるスコッチ・ウィスキー蒸留所の数は、スコットランドのどの地域よりも多い


 スペイ川流域の町は、川沿いに沿うように敷設された主要地方道で結ばれている。このルートは、東部の平坦地で川の流れを外れると、東岸で、南方とハイランド地方とを結ぶ基幹道に連結している。

 他に、中流域を横切って、スコットランド南方からハイランドのインヴァネス?に至る基幹道と、この基幹道に沿うように敷設された鉄路とがある。

【参照地図】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 周辺山地から、降水を集める範囲が広いスペイ川は、降雨があった場合、あるいは積雪の融水が流出した場合、流れの各所に堆積をなす。一時的な堆積が流されるまで、しばしば、川筋や流れの速さが変化することがある。


 スペイ川の流域では、過去には林業が盛んに営まれていたが、現在はおこなわれていない。

 林業が盛んだった時代には、中流で切り出された木材で細長い筏を組み、川を下った。アヴィーモアやアベロールなどが、かつて林業で栄えた町だ。この時代、下流の町も造船業が盛んだった。

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フック

【参考地図】

スペイ川流域の交通路

空港
 スペイ川流域に空港の類はない。
 強いてあげれば、グランピアン山脈東端の北東に位置するアバディーン?市に位置する、国内線空港が至近。同空港には、ロンドンからの便が周航している。
 他に、インヴァネス?市にも国内線空港が存在。
 沿岸は渓谷などが多いので、もし、ヘリコプターの類で着陸するとしても、町を選んで町外れなどに着陸するのが無難だろう。
自動車道
 スペイ川沿いに、西岸のフォート・ウィリアムから、東岸内陸で基幹道に連絡する主要地方道が敷設されている。この地方道には、上流域で、南方からハイ・ランド?に至る基幹ルートが交わっている。東岸の基幹道も、南方とハイ・ランド方面とを結んでいる。
 フォオートウィリアムスを経由している道路は、国道A86。この道路は、中流域東部の町、グランタウン・オン・スペイで、A95に連絡して流域東方に続く。A95は、スペイ川が北流に展示た後も東方に続き、キース市で、南方から東岸沿いにインヴァネスに至るA96に連接している。
 パースから北上し、グランピアン山中を縦断してきたA9は、ケアンゴームス国立公園?の南西端で大きく東にカーブした後公園内に入ると、しばらくスペイ川右岸|?を併走してから渡河。キンギューシー?から、エイヴィーモア?の先までは、A86と一帯になって走る。
 A9はエイヴィーモアの先で大きく北にカーブし、スペイ川流域を離れていくが、A86の方は、再びスペイ川沿いに戻り東方に続く。北にカーブしたA9は、南東方向からインヴァネスに至っている。
 他に、A9には、ケアンゴーム国立公園西端で、A86との間を南北にバイパスするA889に連絡している。
 また、A86も、グランタウン・オン・スペイで、南北に走る山間道と交差。さらに、北に曲がった後のA9が経由するカールブリッヂ(Carrbridge)と、グランタウン・オン・スペイとの間も、短い山間道でバイパスされている。
 A86に連接しているA95も、スペイ川が平坦地に出て屈曲するあたりで、北北西 〜 南南東方向に走る地方道A941と交差している。
鉄路
 スコットランド南部の都市パース(Perth)を経由し、北上する鉄路が、自動車道A9に沿うように、同じ経路を通ってインヴァネスに至っている。鉄路が、A9と離れるのは、インヴァネスに至る直前の、極、短い距離のみ。
水運
 スペイ川は、現在は水運には利用されていないと想定する。
 過去に、筏を組んで川を下る手法で林業が営まれたことはあるので、カヌーや、ゴムボートの類で下ることは不可能ではない、と想定。ただし、急流なので判定難易度は高いとする。
 自然公園内でもあり、正規に川下りをするためには、調査目的での事前許可が必要、と想定。

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/01/11 07:47:57
キーワード:
参照:[ランド・マーク] [モナリア山脈] [テイ川] [ヨーロッパ州のランド・マーク] [ケアンゴーム山地]
このページは凍結されています。