新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

AK-47(アサルト・ライフル)

AK-47(アサルト・ライフル)
簡易版

ロシア語表記
Автомат Калашникова образца 1947 года〔アフタマート・カラーシュニカヴァ・アブラスツァー・トィースャヂ・ヂヴィチソート・ソーラク・スィヂモーヴァ・ゴーダ〕
英語表記
Kalashnikov's automatic rifle model of year 1947

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 “AK-47”は、旧ソ連?で開発された、アサルト・ライフル。開発者の名を冠して「カラシニコフ(カラシニコフ・ライフル)」と呼ばれた銃の内で、最も多量に製造された銃。AK-47からの派生形も多い。

 旧ソ連に支援を受けていた時期の東欧諸国中華人民共和国で運用された他、アフリカ諸国で利用され、現在も運用している軍隊も多い。

【参照イメージ】
【ルール関連】

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「軍事+知性 目標値=8〜10」「情報+知性 目標値=10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 “AK-47”は、ソ連の銃器設計者ミハイル・カラシニコフ?が設計し、1947年にソ連軍に制式採用された。
 カラシニコフ・ライフルの内では、最も初期のタイプが、AK-47だ。西側諸国では、鹵獲した初期型AK-47をタイプI〜IIIに大別していた。派生形としては、AK-47S、AKM、AKMS、PPK、PKなどがある。
 現在は、ロシア連邦の民間企業イジェマッシ社が、AK-47の製造権を継承しているが、他国でAK-47のライセンス生産、非公認生産を続けている銃器メーカーは少なくない。ちなみにイズマッシュ社自体は、AK-47をダウン・サイズした“AK-74”なども生産している。
 アムネスティ・インターナショナル?によれば、「AK-47とその派生形はコピー製造も含め、およそ1億丁が世界各地の紛争地帯で使用されている」との事だが、イジェマッシ社によれば、「世界各地に出回っているAK-47系の銃の内、ロシア製の物は12%程度」とのことだ。
 AK-47は、シンプルな部品構成と堅牢性、高い対環境信頼性などに評価が高い。現在もPMC(民間軍事会社)の部隊には、会社の国籍によらずAK-47を使用している例が多いようだ。堅牢性、信頼性以外に、部品調達や整備が容易だ、との理由も大きいのだろう。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/25 20:02:28
キーワード:
参照:[AK-74(アサルト・ライフル)] [武器類] [イジェマッシ社] [アサルトライフル]
このページは凍結されています。