新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アバダーン

アバダーン

 「アバダーン」は、イラン・イスラム共和国?の南西部で、イラク共和国との国境を成す、シャッタル・アラブ川?河口から48kmの東岸に位置する港湾都市。石油精製と輸出の拠点。

やや詳しい情報

 湿地帯の内にて、地元で「アバダーン島」と呼ばれる乾地に立地。東方にアバダーン国際空港を擁す。

 一帯のフーゼスタン平野は、1980年に開戦し1988年に停戦になったイラン・イラク戦争?の主戦場となった。アバダーンの製油所も、空爆で破壊されたが、1993年頃に復興。市街も戦災から復興したとは言え、未だ被害の傷痕は残っている。

詳しい情報

 第2次大戦後、石油精製業が発展。

 ザクロス山脈?山麓部に位置する、マスジェド・スレイマーンなどの油田とパイプラインで結ばれている。石油精製、輸出の一大拠点。

 一帯は、イスラム諸国からの出稼ぎ労働者が多く、イラン国内では、アラブ系住民の比率が高い。人口35万人(1991)。

GM向け参考情報

 油田地帯を後背に持つ石油精製、及び、輸出港の1つ。

 気候帯としては、ステップ性気候だが、ペルシア湾に面していて降水は多く、一帯には低湿地が広がっている。

交通路

鉄路

 鉄路はアバダーンには通じていない。至近の鉄道駅は、北方でカールーン川?の対岸に位置するホラムシャハルに位置。

自動車道

 フーゼスタン県?県都のアフワーズ?に至る主要地方道が通る。

 他に東方の低湿地帯を通る地方道が敷設され、アフワーズ方面へ至るルートと、東方でペルシア湾に接すバンダル・ホメイニ?に至るルート、南方のペルシア湾湾岸の小さな町アルヴァンドケナール(人口不詳、1万人未満級)に至るルートなどがある。

水運

 アバダーンには、シー・エクスプローラー級の舟もシャッタル・アラブ川を遡行しての寄港が可能と想定。

空港

 東方にアバダーン国際空港が位置。

活用や検討

活用

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/12/01 10:55:30
キーワード:
参照:[ユーフラテス川] [アジア州の現存国家] [ホラムシャハル]
このページは凍結されています。