新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アキテーヌ地域圏

アキテーヌ地域圏 
アキテーヌちいきけん
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

フランス語表記
R?gion Aquitaine
英語表記
Aquitaine Region

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アキテーヌ地域圏」は、現在、フランス共和国“本土領”に設けられている広域地域圏の1つ。

 “本土領”南西端で、ピレネー山脈?北部に隣接し、ガスコーニュ湾に面している。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「アキテーヌ地域圏」は、フランス“本土領”で、コルス地方公共団体も含め、22設けられている州レベルの広域行政区の1つ。ガスコーニュ湾南東岸に面して、南北に細長い形状。北東部が、幾分内陸に張り出している。

 概ね平坦な地勢だが、北東の内陸部と、南端でピレネー山脈に連なる部分に、あまり高くない山地地帯が存在。

 地域圏の南北中ほどではドルドーニュ川ガロンヌ川の水系が、南部ではポー川?他が流れ、いずれもビスケー湾に流出している。

 北縁の西側でポワトゥー=シャラント地域圏と、東側でリムーザン地域圏と隣接。東方でミディ=ピレネー地域圏と隣接している。南縁は、フランス - スペイン国境の一部をなしている。

 首府のボルドー市?は、地域圏北西のジロンド県?県都も兼ねている。県域の概ね中ほどで、ジロンド川からさほど遠くないガロンヌ川下流域に位置。

 現在は、北西部のジロンド県、北東部北側のドルドーニュ県?、北東部南側のロット=エ=ガロンヌ県?、西部沿海部中ほどのランド県?、西部沿海部南端のピレネー=アトランティック県?の5県からなる。土地面積は 41,309平方km。人口は 約312万人強弱ほど(2007年)。

 主要産業は、農業、食品工業、現在は、化学工業なども営まれている。

【参照地図】

 現在のアキテーヌ地域圏の領域は、北部のアキテーヌ地方?と南部のガスコーニュ地方?からなる。

 アキテーヌ地方は、中世の9世紀からアキテーヌ公国?の領域に概ね近い。アキテーヌ公国の領域は、14世紀半ばからヴァロア朝?の王家に直轄され、以降、英仏100年戦争期に帰属が揺らいだ時期もあったが、基本的にはフランス領とみなされた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 現在のアキテーヌ地域圏の直接のルーツは、中世のアキテーヌ公国、及び、バスコニア?(後世のガスコーニュ地方?の前身)だが、さらに遡ると、ローマ帝国時代の属州ガリア・アクィタニア?に遡る。

 属州ガリア・アクィタニアは、ユリウス・カエサル?のガリア戦役によって、ローマの属州とされ、アウグスティヌス帝?の治世中に皇帝属領とされた。さらに後、ディオクレティアヌス帝の治世には、属州ガリア・アクィタニアは、3つの州に分割された。

 ガリア・アクィタニアは、現在のフランス本土領の1/3ほどに渡る広い領域と定められていたが、さらに遡ると、現在のランド県からジロンド県南部に渡るあたりが、アクィタニア(古代アクィタニア地方)と呼ばれていた。

 大プリニウスの『博物誌』によれば、ローマ人が「アクィタニア(地方)」と呼んだ地域は、ケルト系民族の間では「アルモリカ地方」の一部とみなされていたようだ。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/12/11 16:47:45
キーワード:
参照:[リムーザン地域圏] [ボルドー] [ミディ=ピレネー地域圏] [ジロンド川] [ドルドーニュ川] [ポワトゥー=シャラント地域圏] [ガロンヌ川]
このページは凍結されています。