新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アスクヤ火山

アスクヤ火山 
アスクヤかざん
簡易版

英語表記
Askja
フランス語表記
Askja
スペイン語表記
Askja

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アスクヤ火山」は、アイスランド島中部の北東寄りで、ヴァトナヨークトル氷河の北方に位置している火山。「アスキャ火山」とも。

 正確には、周辺山地の内に形成されているカルデラ複合態?の名前が「アスクヤ(アスキャ)」。カルデラ湖?のオスクユヴァトン湖などが含まれている。

 アスクヤ、及び一帯の山地は、アイスランド高地の北東部にあって、アウトドア派の旅行者に好まれるスポットだ。ただし、一般人に地域が解禁されるシーズンは、夏季の数ヵ月間のみになっている。

【参照地図】
【参照イメージ】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「アスクヤ(アスキャ)」は、アキュレイリ?の南東方向、地図上の直線距離で90kmほどの位置にあたる。地最高点は標高1,510m。

 内陸にあるため、年間降水量450mmと少ない。一帯の山地は過去に、アポロ宇宙船搭乗員の訓練地に用いられたことがある。

 アスクヤ火山は、1875年に噴火するまで、存在が認識されていなかった。この時の噴火では、噴出された火山灰が、特にアイスランド東部沿海部に厚く降り、農作物が壊滅的な打撃を受けた。同じ火山灰は、ノルウェースウェーデンにも降り注いだことが記録されている。

 1875年に噴火の後に、外輪カルデラの内に形成されたカルデラ湖が、現在のオスクユヴァトン湖。12平方kmほどの湖面は、周囲のカルデラよりも比高が50mほど低い。アイスランドで最も深い湖で、水深は220mほど。

 オスクユヴァトン湖の北東岸からやや離れた位置には、直径100mほどのより小さなカルデラ湖もある。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/04 11:59:31
キーワード:
参照:[ヨーロッパ州のランド・マーク] [小辞典ワールド編] [ランド・マーク] [ショールサー川]
このページは凍結されています。