新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

バーミヤン渓谷

バーミヤン渓谷 
バーミヤンけいこく
簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「バーミヤン渓谷」は、ヒンドゥー・クシュ西部山域西端の南側で、バーバー山脈?東部山域との間に形成された渓谷。

 バーミヤン川?が流れる渓谷で、南に膨らんだ緩く大きなカーブを描いている。

 ただ、通例、「バーミヤン渓谷」と言うと、バーミヤン川が流れる渓谷の内、南北幅が広がって東西に細長い盆地のような地形にっている地域を指す。

 地域では、バーミヤン川は概ね東流し、アフガニスタン=イスラム共和国バーミヤン州行政中心地のバーミヤンの町を擁す。電気、水道、ガスなどの現代的なインフラは未整備だが、小さな地方空港もある。

 2006年時点で、ニュージーランドの部隊が主導する地域復興チーム(PRT)が駐留。

 「イラン・タイプの仏像」と言われた岩窟巨像でも有名。巨像は、2001年にタリバーンの勢力に破壊された。タリバーン政権が倒壊した後、2002年頃から、周辺遺跡群も含めた、修復、復元作業や、考古調査も含めたプロジェクトが進められている。

 この遺跡群は、2003年以降「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」の件名でユネスコ世界遺産の危機遺産に登録されている。

【参照地図】
【参照イメージ】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 バーミヤン渓谷は標高、2,800mほど。バーミヤン川は、渓谷を流出した後、下流でクンドゥズ川?に合流する。

 バーミヤンの町は、現在のハザラージャト地域で最大の町で、居住者もほとんどがハザラ人

 渓谷地帯には、およそ6万人強が居住し、ほとんどが農牧業に従事。主要農作物は、麦類、マメ類。

 1990年後半、地域はハザラ人主体のイスラム統一党の拠点になっていた。90年代後半、イスラム統一党とタリバーン勢力の激しい戦闘の前線となり、1998年タリバーンに陥落した。タリバーンによる遺跡破壊は、陥落の3年後のことだった。

【参照地図】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/28 10:42:24
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [バーミヤン州] [アジア州のランド・マーク] [ランド・マーク] [ヒンドゥークシュ] [第1次アングロ・アフガン戦争]
このページは凍結されています。