新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

クラテル

クラテル

英語表記
Krater
フランス語表記
Crat?re
スペイン語表記
Cr?tera
ロシア語表記
Кратер
アラビア語表記
(調査中)
中文表記
(調査中)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「クラテル」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=8〜10」「表現+知性 目標値=10〜12」「情報+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 「クラテル」は、主にポリス時代のギリシア文化圏で作られた壷の1種。(暗黒期の古代ギリシア?でも、早い作例はある)
 ポリス時代の古代ギリシアでは、一般に濃縮して保存したワインを水で割って飲んだ。クラテルに、濃縮ワインと水とを1:1〜1:3程度で入れた後、攪拌。飲用酒を造り、椀ですくって飲んだ。クラテルは、主に宴席で用いられた。「混酒器」とも呼ばれている。
 スキタイ文化圏やケルト文化圏などに輸出された例も知られる。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値10〜12」「表現+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報 クラテルには陶器で作られた物、青銅で作られた物などがあった。
 普通、幅の広い口縁部と胴部、頑丈な脚部を持ち、器形に応じた、以下の4タイプの作例が多い。
4タイプのクラテル
  • 鐘を逆にしたような形状の「ベル・クラテル」
  • 全体的に花萼のような形状を示す「カリュクス・クラテル」
  • 円柱状の把手を持つ「コラム・クラテル」
  • 渦巻状の把手を持つ「ヴォルト・クラテル」
 他に、製作時期や製作地域は限られるが、4タイプ以外の形状のクラテルも少数派として存在する。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値12〜14」
詳しい情報 クラテルの4大タイプでは、最も古いのが「コラム・クラテル」。コリントス地方が発祥地と目される。
 「ヴォルト・クラテル」は紀元前6世紀の第2四半期頃から見られ、一般化したのは紀元前5世紀以降。黒絵式の作例は少ない。
 「カリュクス・クラテル」は紀元前6世紀の第3四半期から見られ、赤絵式が多い。
 「ベル・クラテル」は、紀元前6世紀末頃から見られ、黒絵式の作例は知られていない。

GM向け参考情報

捕捉情報

コラム・クラテル
 「コラム・クラテル」は、口縁部から左右に突き出した把手が、2本ずつの円柱状の支柱に支えられたタイプ。
 末期のコリントス式やラコニア式に見られたものがアッティカ?で模倣された。黒絵式のクラテルでは最も作例が多い。赤絵式も作られたが紀元前5世紀半ば頃には作られなくなっていった。
 器の高さは、40〜50cmほどの物が多い。
ヴォルト・クラテル
 「ヴォルト・クラテル」は、把手の口縁部に接する箇所が渦巻状になっているタイプ。紀元前6世紀末頃から多く作られるようになったが、それ以前からも作例は知られる。
 主に南イタリアのギリシア・ポリスで、アッティカ美術の影響を被った工人、特にアプリア系の職人に作られた。他のクラテルに比べれば数は少ない。
 器の高さ70cm前後の物が多いが、後期の作ほど細長い形状になる傾向がある。アプリア系の物には1mを越える高さの作例も少なくない。
カリュクス・クラテル
 「カリュクス・クラテル」は花萼のように開いた胴部を持つタイプ、下部に取り付けられた把手も特徴。赤絵式の作例が多いが、黒絵の時代にも作られてはいた。
 器の高さは、40〜50cmほどの物が多いが、後期の作例ほど細長くなる傾向がある。赤絵式末期には60cm以上の高さの作例も知られている。
ベル・クラテル
 「ベル・クラテル」は、鐘を逆さにしたような形状で、口縁部近くの小さな把手も特徴。
 赤絵陶器の初期から作られはじめ、黒絵式の作例は知られていない。紀元前5世紀前半までの作例は多くはないが、以降は最も一般的なクラテルになり、多数作製された。
 器の高さは、40〜50cmほどの物が多い。紀元前5世紀終盤頃、胴の下半部が急にせばまった後、細長く伸びる形状が流行した。
その他の少数派クラテル
 クラテルには4大タイプの他に少数派タイプも知られている。少数派タイプの内でも代表的なものは「スキュフォス・クラテル」や「レベス(ディノスとも)」。
 「スキュフォス・クラテル」は、胴部が半球形で、大きなつまみの付いたドーム型の蓋を持ち円錐形の脚部を伴っている。黒絵式の初期作のみが知られている。脚部までを含めた高さ、およそ1m前後の物が多い。
 「レベス」または「ディノス」の通称で知られたタイプは、大きな鉢状の胴を持ち、容器の底部は丸い。揃えて作られた脚台に据えて用いられた。レベスは黒絵式の初期に比較的多く作られ、赤絵式でも作られたが、作例はきわめて少ない。
 ちなみに、「ディノス」は本来、カップ状の器形の容器に用いられた呼称で、混酒器には限らなかった。「レベス」の方は、このタイプの混酒器の呼称。容器の高さ20cm前後で、脚台を含めると70cm前後の物が多かった。

リンク

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/12 19:54:04
キーワード:
参照:[混酒器] [ヴィクスの墳墓] [ヴィクスのクラテル] [+αのワールド用語] [生命の器(公開情報級設定)]
このページは凍結されています。