新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

環太平洋火山帯

環太平洋火山帯 
かん たいへいよう かざん たい
(Pacific Ring of Fire) 
簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語表記
Pacific Ring of Fire
フランス語表記
Ceinture de feu du Pacifique
スペイン語表記
Cintur?n de Fuego del Pac?fico
ロシア語表記
Тихоокеанское вулканическое огненное кольцо
アラビア語名
(調査中)
中文表記
〓太平洋火山帯
(〓は表示できない漢字)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「環太平洋火山帯(Pacific Ring of Fire)」は、太平洋?の外縁を縁取るような配置で観察されている火山?密集地帯の断続(火山帯?)。

 多数の山脈、山列も含んでいるので「環太平洋造山帯(Pacific Ring of Mountain-ranges)」とも。

 しばしば「リング・オブ・ファイアー(Ring of Fire)」と略称で呼ばれもする。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 環太平洋火山帯は、太平洋プレート?など、太平洋?の海洋プレート?が、周辺の大陸プレート?などの下に沈降する結果、形成されている。火山活動のほか、地震活動も活発。

 アリューシャン列島?インドネシアの諸島、日本列島?フィリピンの諸島、などの火山列島、火山群島、及び、アンデス山脈ロッキー山脈などが含まれる。

 傾向として太平洋の東部では諸島、群島が多く含まれ、太平洋西部では、大陸?に付随する山脈?、山列が目立つ。

 しばしば、アルプス=ヒマラヤ造山帯?と、ともに世界の2大造山帯とみなされることもある。ただし、アルプス=ヒマラヤ造山帯の方は、あまり火山を含んでいない点が異なる。

【参照地図】
  • 環太平洋造山帯の概略図(Wikimedia Commons
    http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/52/Pacific_Ring_of_Fire.svg/796px-Pacific_Ring_of_Fire.svg.png
    (地図中、濃い青色で記されている太線は海溝?

 環太平洋火山帯は、太平洋プレートが形成された中生代?(現在から6500万年前頃〜2億5,000万年前頃)以降に形成が開始されたと、考えられている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

【参照地図】

別称類

主要国の言語

  • 英語表記=Pacific Ring of Fire
  • フランス語表記=Ceinture de feu du Pacifique
  • スペイン語名=Cintur?n de Fuego del Pac?fico
  • ロシア語表記=Тихоокеанское вулканическое огненное кольцо
  • アラビア語名=(調査中)
  • 中文表記=〓太平洋火山帯
    (〓は表示できない漢字)

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイデア・フック、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
  • 2011-12-06 (火) 11:58:16 名無しさん : シナリオとは
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2011/12/06 11:58:16
キーワード:
参照:[地理関連の用語] [小辞典ワールド編] [ロッキー山脈] [ロッキー・マウンテン渓谷]
このページは凍結されています。