新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ラメセス5世

ラメセス5世 ラメセスごせい (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語、他
Ramesses V

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 ラメセス5世は、古代エジプト?の新王国時代?、第20王朝?のファラオ?だった人物。

 即位したのは、紀元前12世紀半ば。その事跡については、あまり多くはわかっていない。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ラメセス5世は、第20王朝の第4代ファラオにあたる。その在位期間は、4年と目されている。

 即位年については、B.C. 1149年とされることが多い。しかし、B.C.1145年とする説もある。

 ラメセス5世は、先代にあたるラメセス4世の息子だった。

 ラメセス5世の墓地は、王家の谷?に位置し、発掘されている。墓所から発掘された土器片に記されていた文書によれば、「ラメセス5世は、ラメセス6世の治世2年目に埋葬された」とある。

 古代エジプト王朝のスタンダードでは、通例、ファラオ?は、継承ファラオの即位から70日以内に埋葬された。この慣例から考えると、「ラメセス6世の治世2年めに埋葬された」背景には、何か異常な事態があったのかもしれない。

 あるいは、単に、6世が5世の治世中に共同統治者に任じられた、と考えることもできる。実は6世は5世の叔父にあたる人物だったので、共同統治者になったとは考えづらい。5世の治世中に内乱が起きた、と考える研究者もいる。

 さらに5世は6世に幽閉され、獄死したと想像している者もいる。


 ラメセス5世のミイラは、アメンヘテプ2世?の墓所から発掘された。

 顔面には、生前天然痘を患っていたことを示す、あばたの跡が残っていた。頭部に大きな傷跡らしきものが見られ、これが死因ではないかと推測する研究者もいる。しかし、死後にミイラが盗掘された時にできた損傷跡かもしれない。

 遺体には、普通のミイラと比較してずっと大きな内臓取り出し時の切開跡が、体の左側に残っていた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 ラメセス5世の統治期と思える古代記録によれば、当時のエジプトは、テーベ?のアメン神官団が、その影響力を強めていった時期だったらしい。

 また、デイル・エル・メディナから発掘された、古代の日録によれば、ラメセス5世の治世中、「“敵”の侵攻により」王墓作りが中断した時期があった、とされる。この“敵”については、リビア系遊牧集団と見る意見と、内乱についての記録とみる意見とがある。

GM向け参考情報

 「増補待ち」

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/09/21 17:46:02
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [ラメセス4世] [ラメセス11世] [歴史上の実在人物] [ラメセス6世]
このページは凍結されています。