新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ラメセス6世

ラメセス6世 ラメセスろくせい (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語、他
Ramesses VI

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 ラメセス6世は、古代エジプト?の新王国時代?、第20王朝?のファラオ?だった人物。

 即位したのは、紀元前12世紀後半。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ラメセス6世は、第20王朝の第5代ファラオにあたる。ラメセス3世?の息子で、先々代の4世の兄弟、先代5世の叔父だった。

 即位年については、B.C. 1145年とされることが多い。しかし、B.C.1141年とする説もある。在位期間は8年強。


 ラメセス6世の墓地は、王家の谷?で発掘されている。実は、先代の5世が生前準備していた墓所を流用し、さらに拡張工事も加えて自分の墓所にしたのだった。現在、KV9とコード・ネームが着けられている墓所は、大きな彩色画とアーチ状の構造を持った玄室で知られる。

 6世のミイラは、他のファラオのミイラとともに、王家の谷にあるアメンヘテプ2世?の墓所から19世紀に発掘された。古代の盗掘者によって、破壊された遺体が後世最埋葬されたもので、1905年におこなわれた調査では、際埋葬されたミイラには、少なくとも2体のミイラのパーツを、ラメセス6世のミイラと継ぎ合わせるようにして“修復”されていたことが解明された。


 現在の研究者の内には、ラメセス6世は先代の5世に対する反乱を起し、ファラオ位を簒奪した、と推定する意見も聞かれる。これはトリノ・パピルス?の断片解釈と、種々の状況証拠を論拠とした推論になっている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 ラメセス6世の治世。第20王朝の広域支配は、全面的に退潮していった。上エジプト東部の国境線は、パレスティナ地域の東部から、ナイル・デルタの東縁部にまで後退。シナイ半島で営まれていたトルコ石鉱山も放棄された。

 6世の統治期間は長くなかったが、3世の息子だったことから、高齢で即位したのだと思われる。ファラオ位は順当に息子である7世の継承された。

GM向け参考情報

 「増補待ち」

リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/09/21 17:54:46
キーワード:
参照:[ラメセス7世] [小辞典ワールド編] [歴史上の実在人物] [ラメセス5世]
このページは凍結されています。