新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

シャムシ・アダド4世

シャムシ・アダド4世 
シャムシ・アダドよんせい
(Shamshi-Adad IV) 
簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 シャムシ・アダド4世は、紀元前11世紀の半ばに、5年間ほど、アッシリア?の統治者だった人物。

 クーデタによって地位を簒奪した、と考えられている。事跡や人物像については、ほとんど、何もわかっていない。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 シャムシ・アダド4世のアッシリア王位在位期間は、B.C.1054年〜B.C.1050年の、足かけ5年。

 治世を現在の時代区分で言うと、中アッシリア時代?の末期にあたる。

 シャムシ・アダド4世は、先々代のアッシリア王になるアッシュル・ベル・カラの兄弟で、ティグラト・ピラセル1世の息子だった。

 クーデタを起して、甥にあたるエリバ・アダド2世から王位を簒奪した、と考えられている。クーデタの背景、意図、経緯は定かに解明されてはいない

 エリバ・アダド2世の治世は、ティグラト・ピラセル1世の治世後半から著しくなったアラム系諸部族の侵出により、アッシリア国家の領域が縮退していった時期にあたる。

 エリバ・アダド2世の治世は、12世紀待つ頃から著しくなったアラム系諸部族の侵出により、アッシリア国家の領域が縮退していた時期にあたる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 一説に、「シャムシ・アダド4世の王位簒奪は、アラム系諸部族の侵出によるアッシリアの混乱に乗じたもの」と、唱えられることもあるが、定かではない

 王位を簒奪したと思われる、シャムシ・アダド4世も、アラム系諸族に対して有効な対策を打ち出すことはできなかったようだ。

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/12/28 19:21:41
キーワード:
参照:[アッシュル・ナツィルパル1世] [歴史上の実在人物] [小辞典ワールド編] [エリバ・アダド2世]
このページは凍結されています。