新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

スィースターン地方

スィースターン地方 
スィースターンちほう
簡易版

英語表記
Sistan
ロシア表記
Систан

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「スィースターン」は、イラン高原中部の南寄りを指した歴史的地域名。「シースタン」とも。

 現在のイラン領南東部にあるスィースターン・バルーチェスターン州北部にあたるが、歴史的地域名としては、東方の現アフガニスタン領南西部にまで渡っていた時期が長かった。

 歴史的には、ホラーサーン地方の南で、バローチスタン地方の北にあたった地域。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「スィースターン地方」の地域名は、古代末期、紀元前1世紀頃には、「サカスターニ」と呼ばれていた地域名が、訛ったもの。

 「サカスターニ」は「サカ族?の土地」といった意味で、内陸アジア方面から侵出してきた遊牧民サカ族が、当時地域で支配的だった遊ことに由来した。範囲は、概ね、現イラン領スィースターン・バルーチェスターン州から、現アフガニスタン領のニームルーズ州?にかけて。

 イラン高原で長く用いられた地域名だったが、18世紀半ばにアフガニスタン王国?が建国された後、ペルシア王朝とアフガニスタン王国の間で争奪、分割が繰り返され、現在のような範囲に縮退した。


 「サカスターニ地方」の地域名が成立する以前、アケメネス朝ペルシア?時代には地域は「ドランギアナ?」と呼ばれていた。ただし、ドランギアナは、むしろ現アフガニスタン領の南西部に概ね近くへルムンド川?流域あたりまでも含んでいた。サカスターニは、西縁も東縁も、ドランギアナから西方にズレた範囲になる。


 10世紀頃にイラン高原の神話や伝説を踏まえて編まれた長編叙事詩『シャー・ナーメ?』では、スィースターンにあたる地域は、かつて、蛇王の血筋を引いた英雄王ロスタムが治めた地とされ「ザーブリスターン」の名でばれた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/08 09:18:09
キーワード:
参照:[ランド・マーク] [アジア州のランド・マーク] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。