新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ブリギット女神

ブリギット女神 
ブリギットめがみ 
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「ブリギット女神」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「ブリギット女神」は、キリスト教化以前のアイルランドでケルト部族に崇拝されていた女神。ケルト女神にしばしば見られる3柱1組の女神だった。

 900年頃編纂された『コルマクの語彙集』によれば、ダグダ神の娘神でトゥアター・デ・ダナンに属す。3柱の姉妹女神が、皆、「ブリギット」と呼ばれていた。

 「語彙集」によれば、姉妹女神たちは、医療、学問、鍛冶工芸を司る女神だった。フォモリ族の血を受けたブレスの妻となった、ブリギットが有名。

 11世紀頃、神話的な歴史譚を収集再編したと思える『アイルランド来寇の書?』では、ブリギット女神は、ダグダと女詩人との間の娘で、やはりブレスに嫁いだ、とされている。


 古いケルト系言語を推定復元すると「ブリギッド」の神名は、おそらく「ブリガンティア」と同根の単語から、分化した、と考えられている。想定される神名のルーツは、「豊穣」や「富豊」といった含意の単語だった、と推測されている。

 アイルランド神話では、ブリギット女神は、2頭の力強い牛、山羊の王、羊の王などを所有していた。

 アイルランドの伝承では、現在のキルデアの町の位置に、かつてブリギット女神の聖所があり、女神に捧げられたかがり火が絶えないよう、19人の女神官によって、常に見守られていた、と言う。

 現在、聖ブリギット・デー?として祝われている2月1日は、ケルト民俗ではインボルクの祭り?の日だった。キリスト教化以前、キルデア地方を中心にした地域では、祭りはブリギット女神に捧げられていた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/17 16:51:37
キーワード:
参照:[キルデアの町] [+αのワールド用語] [聖ブリギット] [ボアンド女神] [ブリガンティア女神] [ブリギット] [美しきブレス]
このページは凍結されています。