新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ボアンド女神

ボアンド女神 
ボアンドめがみ
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「ボアンド女神」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ボアンド女神は、アイルランドレンスター地方を流れるボイン川と関係の深いケルトの女神。アイルランドの神話的な物語では「ボアンド川(ボイン川の古称)に名を授けた」とも、「ボアンド川を産んだ」とも言われる。

 「ボアンド」が、より古い名で、別称では「ボアン女神」とも。

 配偶神は、ネフタン神?とも、エルクワル神?とも、ヌアダ神?とも言われる。ダグダ神の愛人で、ダグダとの間にもうけたのが、妖精王になったオイングスと、伝えられた。

 ボイン川中流域のボイン渓谷?に散在する石器時代の遺構群は、ケルトの物語ではボアンド女神やオイングスと関係付けられて「ブルグ・ナ・ボーネ?」と呼ばれた。

 女神は、「食した者に知恵を授ける魚を、ボアンド川放った」ともされた。後世語られた「知恵の鮭」物語のルーツになった神話があったようだ。神話色の濃い物語では、女神は「夫であるネフタン神に反対されたにも関わらず、ハシバミの木蔭に知恵の魚を放った」と、語られている。

 トゥアター・デ・ダナンをアイルランド島の先住者として扱った物語では、エラーサ?の孫だったとされることもある。

 近世以降に盛んになった神話研究、ケルト研究では、時としてブリギット女神と同体の女神とも、ブリギット女神の元になったさらに古いケルト女神から派生したとも言われた。あるいは、ブリギット女神の母神だった、とした説もある。もっとも、これらの説を根拠づけるケルト系の物語類は知られていない。

 現代の研究では、ローマ時代の地理書に“bouinda”の川名が見られることから、ボアンド女神は、元々は「白い牛」と関係した女神だったのではないか、とする説も聞かれる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/11 17:10:01
キーワード:
参照:[ボイン川] [オイングス] [+αのワールド用語] [ダグザ神]
このページは凍結されています。