新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ドレイク海峡

ドレイク海峡 
ドレイクかいきょう
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語名
Drake Strait
スペイン語名
Pasaje de Drake

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ドレイク海峡」は、南アメリカ州のホーン岬?と、南極海?に位置するU.K.領サウス・シェトランド諸島?との間の海峡。「ドレイク水道(Drake Passage)」とも。

 大西洋と太平洋?とを結ぶ海峡で、「世界でも最も荒れた海域」の1つとして知られる。南極海の一部もなしている。

 ちなみに、ドレイク海峡のさらに南、サウス・シェトランド諸島と南極半島?との間は、ブランズフィールド海峡?(Bransfield Strait)。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ドレイク海峡は、幅、およそ725km。最深部の深度は、4,650mほど。海底は、中央部の方が浅く、陸地近くの方がむしろ深い。

 南極大陸の周囲を取り巻く大きな海流の流路で、ドレイク海峡の海の荒さは有名。高さ10mを越える波濤は珍しくない。船乗りの間では、古くから「南緯40°以南では、道理が通じない、50°以南には神も居られない」と伝えられてきた。

 海域は、クジラや、イルカの群れ、アホウドリやペンギンを含む生物の生息圏になっている。


 「ドレイク海峡」の地名は、16世紀のU.K.(連合王国)で私掠船船長として有名だった、フランシス・ドレイク?の名にちなんで付けられた。しかし、公式には、ドレイク船長が海峡を航海した、という記録は知られていない。船長はもっぱら、より安全なマゼラン海峡?の方を航海していたようだ。

 ドレイク海峡を最初に航海した公的な記録は、オランダ人航海士スハウテン(Willem Schouten)が船長を勤めた1616年の航海とされている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

補足情報

  • Wikipedia英語版:Drake_Passage”によると、「ドレイク海峡(Drake Strait)」の方が、むしろ古い地名で、現在は「ドレイク水道(Drake Passage)」と呼ばれることの方が多いようです。
  • 「『ドレイク水道』という呼称は、プロの航海士などの間の呼び名」というあたりの処理が、適当かもしれません。

別称類

主要国の言語

  • 英語名=Drake Strait
  • スペイン語名=Pasaje de Drake
  • フランス語名=Passage de Drake
  • アラビア語名の音=(調査中)
  • ロシア語表記=Пролив Дрейка
  • 中国語表記=雷克海峽

その他

  • ポルトガル語?名=Passagem de Drake
  • ネーデルラント語?名=Straat Drake

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin