新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

南極圏のランド・マーク

南極圏のランド・マーク

 南極圏?に属す地名を扱っていきます。

  • 例えば、ノルウェイ王国?やアラスカ州?は「現存国家」関係で、ノルウェイ海?やアラスカ半島?は「ランド・マーク」で扱うものとします。
    歴史的地域名についても、多くは「ランド・マーク」で扱うことになると思われます。

 日常語で使われる「ランド・マーク」の用法とは違いますし、もちろんルールブックでも見当たらない用法です。

注記

 このページに記す記事は、皆「PCが予め知ってていい情報」とします。

南極圏のランド・マーク

南極圏? なんきょくけん
 「増補待ち」

サウス・オークニー諸島 サウス・オークニーしょとう
 南極大陸?近くの東半球?にて、南極洋?(南大洋)の一部であるスコティア海?の南海域に浮かぶ諸島。主な島は4つだが、最大のものはコロネイション島?
 U.K.(連合王国)と、アルゼンチン共和国の双方が領有を主張している。1951年の南極条約締結により、両国の領有権争いは凍結された。現在は、条約に基づくルールを守れば、締結国からの出入りは、自由な状態にある。(ただし、U.K.、アルゼンチン両国による領有の主張は、放棄されたわけではない)
 年間を通じ、海岸線まで雪に覆われた島々には、南極調査の常設基地が設けられ、調査隊や、南極観光の経由地として、よく利用されている。
ドレイク海峡 ドレイクかいきょう
 南アメリカ州のホーン岬?と、南極海?に位置するU.K.領サウス・シェトランド諸島?との間の海峡。「ドレイク水道(Drake Passage)」とも。
 大西洋と太平洋?とを結ぶ海峡で、「世界でも最も荒れた海域」の1つとして知られる。南極海の一部もなしている。
ドレイク水道 ドレイクすいどう
ドレイク海峡
ドレーク海峡 ドレークかいきょう
ドレイク海峡
ドレーク水道 ドレークすいどう
ドレイク海峡
ブーベ島 ブーベとう
 アフリカ大陸南端、喜望峰?の南南西に位置する、南大西洋(サズァン・アトレァンティク・オゥシァン)の無人島。
 南極圏?の間際に位置する、ノルウェー王国(キングドァム・オブ・ノォルウェイ)の海外属領。南極条約の対象外だが、1971年以降、周辺海域を含めて自然保護区が設定されている。
更新日時:2007/03/11 12:36:32
キーワード:
参照:[ドレイク海峡] [ランド・マーク] [小辞典ワールド編] [地理関連の用語]
このページは凍結されています。