新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

エーリゥ女神

エーリゥ女神 
エーリゥめがみ 
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「エーリゥ女神」とは、アイランドの神話、伝説に伝えられるケルト系の女神。アイルランド・ゲール語?による島名「エール(Eire)」は、エーリゥ女神の名にちなむ。

 トゥアター・デ・ダナンに属すとされ、多くの場合、バンバ女神?、フォードラ女神?と3柱1組の姉妹女神とされ、王権を守護する女神とみなされた。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 エーリゥ女神は、トゥアター・デ・ダナンのマク・グレーネ?を夫にしていた。フォモリ族の王子エラーサ?との間にブレスをもうけた。

 エーリゥ女神にまつわる神話的なエピソードでは、アイルランド(エーラ)の島名の起源譚が有名だ。

 11世紀頃、神話的な歴史譚を再編したと思える編者不明の『アイルランド来寇の書?』によれば、ミールの息子たちイベリア半島からアイルランドに来寇した際、タラの丘に侵攻する息子たちの前に、3姉妹神が姿を顕した、とされている。

 エーリゥ女神ら3女神が、それぞれに自分の名を、島の名、国の名として残すように願い、ミールの息子たちはその願いを聞き入れた、という物語だ。

 バンバ女神(Banba)、フォードラ女神(Fodla)の神名は、それぞれ、中世の詩歌などで、アイルランドを意味する雅称の1つとして用いられていた。

 3女神が関わる「エーラ(アイルランド)」の由来譚には、「ミールの息子たちの来寇に際して、3姉妹神は、詩人のアワルギン・グルーンゲン?から、将来、3女神の名が島(あるいは国)の名として伝えられるだろう、との予言を受けた」とのエピソードも伝えられている。

 『アイルランド来寇の書』の物語では、エーリゥ女神と姉妹神は、ミールの息子たちとトゥアター・デ・ダナンとの合戦で倒れる。


 エーリゥ女神は、アーンマス女神?の娘神と伝えられている。当然のように、姉妹神とされたバドバ女神とフォドゥラ女神もアーンマス女神の娘神と伝えられている。ただ、「バドバ女神は、本来はエーリゥ女神と同体の神格だった」とみる説も聞かれる。

 17世紀のケルト研究では、エーリゥ女神と3女神として崇拝された姉妹神が、本来はマハ女神とモリガン?だった、とする説が唱えられたこともある。

 現在の言語研究では、「エーリゥ」の神名はゴイデル語、あるいはさらに古い語形で「豊饒」のような意味を持った単語から派生した、と推定されている。おそらくは、地母神の類だったのだろう、との推測もされている。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/15 18:26:43
キーワード:
参照:[美しきブレス] [神話、伝説のキャラクター] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。