新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

タラの丘

タラの丘 
タラのおか 
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「タラの丘」は、アイルランド共和国北東部のミース県で、ボイン川流域から遠くない位置にある遺跡地帯。州都ナヴァン?の南方に位置。
(アイルランドでは、南東部のウェックスフォード県?にも同名のタラ丘陵?がある)

 ミース県のタラの丘は、新石器時代以降の遺跡が複合した地で、アイルランド共和国では国定史跡として扱われている。一般観光客にもアクセスは可能だが、近傍にヴィジット・センターなどが完備されていて、きちんと管理されている。

【参照イメージ】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 タラの丘は、南北318m、東西264mほどの不定形な面を上部にした低い台地状のマウンド。「ファールの岩」と呼ばれている立石(メンヒル)?など、複数のモニュメントが見られる。

 アイルランド・ゲール語では古くから“Teamhair na R?”(王の丘)と呼ばれた史跡。アイルランドの歴史伝承では、キリスト教化以前アイルランド王(リー・エーレン)?の王宮が営まれていた場所、と信じられていた。

 あるいは、「かつて、トゥアター・デ・ダナンの王宮が営まれていた」との伝承も信じられていた。

 タラの丘の南方800mには、伝説上の女王メドブ?の砦跡、とも伝えられたマウンド状史跡もある。

 考古学調査の結果、タラの王宮?はタラの丘の場所にはなかった、とされている。タラの王宮が物語上の架空の宮殿だったか、どこか別の場所に設けられていたかは議論が分かれるが、少なくとも、タラの丘には宮殿はなかった。

 現在の主流説では、タラの丘は、「ケルト系部族のアイルランド侵出以前に遡る祭儀場だった」と目されている。

 タラの丘で「リー・エーレン(アイルランド王)」の戴冠儀式がおこなわれていた、との伝承の方は現在も信じられている。

 ただし、古代のリー・エーレンは、広域を支配する政治的権力者の称号ではなかった。部族連合間の調停者となるような地位で、諸王の内で、特に宗教的な権威が認められた地位だったようだ。


 タラの丘には、計画的な考古学調査が、過去に重ねられている。おそらく、今後も重ねられるはずだ。

 これまでの調査では、遺跡の主要部は、紀元前2000年頃まで遡り、1部は、今から5000年前ほどまで遡る、とされている。ケルト系の諸部族がアイルランドに侵出した時代には、すでに祭儀場として用いられて数千年が過ぎていたことになる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/15 22:04:44
キーワード:
参照:[ファールの岩] [エーリゥ女神] [アーティファクツやオーパーツ・ソース] [ボイン川] [ミース県] [小辞典ワールド編] [遺跡]
このページは凍結されています。