新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ラダック地方

ラダック地方 
ラダックちほう
簡易版

英語表記
Ladakh
中文表記
拉達克
ロシア語表記
Ладакх
フランス語表記
Ladakh
スペイン語表記
Ladakh
アラビア語名
(調査中)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ラダック地方」は、現在、普通はカシミール地域ジャンムー=カシミール州インド共和国実行支配地)で、地域の中部以東を指す、歴史的地域名になっている。

 ただ、インド側では「ラダック地方」に中華人民共和国が実効支配をしている阿克賽欽?も含めることがある。

 ジャンムー=カシミール州の州域を3つに大別したときの地域区分の1つ。州域の中部西寄りで、概ね北西 〜 南東に州域を区切るラインの東側にあたる。この区分線は、ヒマラヤ山脈?北西山域西裾のラインになっている。

 パキスタン=イスラム共和国中華人民共和国、それぞれの領有地、及び、実効支配地に隣接。ジャンムー=カシミール州の内で、インド当局が、外国人一般観光客の立ち入りを認めているエリアでもある。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ラダック地方には、現在は、ジャンムー=カシミール州に属す2つの県が含まれている。西側のカールギル県?と東側のレー県?だ。

 歴史的には、1842年まで続いたラダック王国?の主要部だった地域。ラダック王国は、現在のカシミール地方ジャンムー地方と併せてドグラ王国?に併合された。

 その後、地域の帰属は何度か変化したが、U.K.(連合王国)統治下のジャンムー=カシミール藩王国?領を経て、現在のように分割されたカシミール地域の状況に至った。

 かつてのラダック王国の領域は、現在はインドの実効支配地から、パキスタン=イスラム共和国の実効支配地、中華人民共和国の実効支配地にも渡っている。

 ラダック地方は、西縁の北部でカシミール地方と、南部でジャンムー地方と隣接。南縁の概ねでヒマーチャル・プラデーシュ州と隣接している。

 南東部から、東縁にかけては、中華人民共和国領の西蔵自治区?や、阿克賽欽?などの実効支配地に隣接。北端部は、新疆維吾爾自治区?に接している。北西縁はパキスタン=イスラム共和国の実行支配地に隣接。


 地域は、ヒマラヤ山脈?の北西山域に占められ、たいへん山がち。西寄りのザンスカール山地?、東寄りのラダック山地?、及び、ラダック山地よりも北東で阿克賽欽?に連なるカラコルム山脈東部山域に大別することができる。

 地域の住民は、ラダック語の話者が多数派。彼らは、ほとんどが、ラダック王国時代以降のチベット系仏教の信徒が多数派。地域は、しばしば「小チベット」と呼ばれ、「チベット高原よりも古いチベット仏教も伝えられている」と言われる。

 少数派住民には、ウルドゥー語?を日常使用するイスラム信徒が多い。彼らの間ではシーア派が多数派。

 ラダック語を母語習得しているラダック人の間には「インドの連邦政府は、ラダック地方を、1つの州として再編すべきだ」との主張も聞かれる。

【参照地図】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/03 09:00:17
キーワード:
参照:[シアチェン氷河] [カシミール地方] [小辞典ワールド編] [アジア州のランド・マーク] [ジャンムー地方] [ジャンムー=カシミール州] [ランド・マーク]
このページは凍結されています。