新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ロタリンギア

ロタリンギア (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語表記
Lotharingia
フランス語表記
Lorraine province

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「ロタリンギア」については、関連技能を持たないPCが予め知らないでいても不自然ではないと思われます。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ロタリンギアは、ヨーロッパの中世?に、カロリング朝?の領有地が、東西のフランク王国?に分裂していく過程で短期間営まれた国家。


 中央集権的な国家ではなく、ロタール2世?が、父であるロタール1世?から領有権を継承した領邦の集合体だった。中部フランク王国?(ロタール王国?)の北部地域にあたる。

 9世紀半ばにヴェルダン条約?(843年)で成立したが、869年にロタール2世が死没。翌870年にはメルセン条約?(870年)で、東フランク王国?と西フランス王国?によって再分割され併合された。

 その範囲は、現在のフランス領北西内陸部から、ネーデルラント王国ベルギー王国ルクセンブルク大公国の低地諸国(ベネルクス3国)、及びドイツ連邦共和国の南東部に渡っていた。


 「ロタリンギア」の地名は、ラテン語で「Lotharii Regnum」を意味した“Lotharii Regnum”に由来。フランス語の「ロレーヌ」、ドイツ語の「ロートリンゲン(Lothringen)」の語源になった。

 その後、現在のフランス領ロレーヌ地域圏にほぼ等しいロレーヌ地方ではロレーヌ公国?が営まれ、フランス王朝とドイツ系王朝との間でたびたび統治権が争われた。

 旧ロタリンギア東部は、922年にはドイツ王に服属することが確定されたが、10世紀のオットー大帝?の代にケルン大司教の領地とされ、さらに後、上ロートリンゲンと下ロートリンゲンとに再分割された。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

  • 中部フランク王国?
  • ロレーヌ公国?

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/04 17:53:27
キーワード:
参照:[+αのワールド用語] [メス市] [ロレーヌ地域圏]
このページは凍結されています。