新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ヨーロッパ

ヨーロッパ 暫定版

記事内容追加調査中の暫定版です

英語名
Europe(ユゥロプ)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 ヨーロッパ(ユゥロプ)は、7大州の1つで、ユーラシア大陸?の西端を占める大きな半島でもある。

 アジア州?との境は、普通ウラル山脈ウラル川、カスピ海?大カフカス山脈、黒海?、ボスポラス海峡?、エーゲ海?とされることが多い。

 「ヨーロッパ大陸」と呼ぶと陸地を指し、「ヨーロッパ州」と呼ぶと周辺海域及び島嶼も含む。

 北で北極海、西で北大西洋に面し、南では地中海を挟んでアフリカ北岸と対面。北大西洋に浮かぶアイスランド島?までをヨーロッパ州に含めることが多い。


 「ヨーロッパ」を「アジア」から区分するのは、歴史的、文化的な区分で、自然地理学的には「ユーラシア大陸」として両者を一括する方が多い。

 ヨーロッパ域内の地域区分は、西欧、東欧、北欧、南欧、他に区分することがよくなされる。左記の他に、「中欧」という区分がなされることもある。

 しかし、これらの域内区分は、政治区分、地理区分、環境区分などなどに応じて、かなり様々なヴァリエーションがある。時代による異同も多い。

 例えば、政治区分では、U.K.(連合王国)は「西欧」に含められることが多いが、気候を基にした区分ではスコットランドまでを「北欧」に含めたりする。(稀に、U.K.全域を北欧に含めることすらある)

 少なくとも氷河時代?から現在までの歴史研究、考古研究をワールド・ワイドに支援するブルーローズのメンバー?は、話題やTPOに併せて、種々の地域区分に対応し、使い分けていってほしい。

【参照地図】

追加情報

小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値8〜10」
やや詳しい情報 ヨーロッパは、現行の7大陸の区分では、オーストラリア大陸に次いで、2番目に小さな大陸になっている。大陸としての面積は、概ね、1,043万平方km。地表の2%ほどにあたる
 居住人口は、世界人口の11%ほどと目され、一説に7億人以上と言われる。
小辞典版推奨判定
「交流+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 ヨーロッパの地形は、相対的に狭い地域の割には、変化に富んでいる。
 大観すると、南寄りに山地が多い。カルパティア山脈、ヨーロッパ・アルプス?や、ピレネー山脈?の他、現在は風化、侵食によってやや緩やかになったフランス中央山塊?も、どちらかと言えば南寄りに位置する。これらの山地のほとんどは、アフリカ・プレートが、地中海海底でヨーロッパ・プレートの下にもぐりこんでいることなどが、原因になって形成された。
 北海と、バルト海に面しては、パリ盆地から東に、ネーデルラントなどの低地地方を経て、ドイツ連邦ポーランドからヨーロッパ・ロシア?にかけて平野が続く。
 北海、バルト海の北側が狭義の北欧にあたり、深い渓谷を刻む脊梁山脈を持つスカンジナビア半島が、ヨーロッパ・ロシアから、北極海と北大西洋とに突き出している。
 気候も変化に富んでいて、夏季に相当暑くなる地中海沿岸部、基本的には令湿な内陸部から、北極圏にかかる北辺まで、種種の気候が混在。気候に応じて植生などにもヴァラエティーがある。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 18世紀〜19世紀の古典的な近代歴史学では、「ヨーロッパ(の社会)とは、グレコ・ローマンの古典文化、キリスト教、ゲルマン文化が複合して歴史的に成立した」との説が有力説だった。
 20世紀に入り、考古学や民族学と歴史学との結びつきが強まると、歴史的ヨーロッパを形成する古層として、ゲルマン以前、キリスト教以前の先住文化の存在、も言われるようになった。例えばケルト文化が代表だ。
 しかし、ゲルマン以前、キリスト教以前のヨーロッパ古層の文化は、地域によるヴァリエーションが多い。ケルト文化も一言でくくれるほど一様なものではない。
 学説的には、地域ごとの文化を相互に対照させつつ、古ヨーロッパ文化の全体像を整理するまでには、未だ至っていない、と言えるだろう。

小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値10〜12」「歴史+知性 目標値12〜14」
詳しい情報 ヨーロッパ諸国に共通する現在の重要課題は、EU(欧州連合)?が主導する形で進められてきた、社会改革だろう。他にも、様々な課題はあるが、いずれも、社会改革がキーにならざるを得ない。
 EUが、共通市場の整備を目的にはじまった運動であることは、よく知られている。しかし、現在に至るまでの過程で、EUは、単なる経済圏統合だけではないトライを続けてきている。例えば、公教育を含めた多言語主義の定着であり、民主制度を前提にした地方自治であり、自律的な地方自治体相互の協力などだ。
 総じて、これまでのところ、EUでは、U.S.A.(合衆国)のような、強い中央集権による地域再編成ではなく、分権された地域の緩い統合に向けてのトライが成されている。
 例えば、ドナウ川沿岸の地方自治体は、各国家から獲得している分権の範囲内で、共同の水質保全会議を自治体レベルでおこなっている。もちろん、バスク問題を抱えるスペイン、マケドニア問題に歴史的関わりを持つギリシアなど、多言語主義や地方分権と言っても、EU加盟国の内には幾らかの温度差もある。
 しかし、20世紀中に2度の世界大戦の発火点になってしまったヨーロッパ諸国には、地域統合を進めるなら、可能性は多言語、多民族の共棲を前提にした体制しかない、との強い意志が共有されているように見受けられる。
 また、ユーロを導入しないU.K.との関わり、EUに非加盟の、アイスランドやノルウェーなどとの地域交流などを見ても、統合と多層的な地域交流(リージョナリズム)を共に並行して推し進めるべく、模索が続けられてもいる。
 こうしたトライの面では、旧共産圏の諸国、旧ユーゴ諸国を迎え入れて後のEUは、いよいよ正念場を迎えている、と言えるだろう。

GM向け参考情報

 「ヨーロッパ」に関する情報は、ルールブックでは、主に限定情報の第37章、第38章、第39章が充てられています。

【参照イメージ】

地勢と環境

 地勢と環境については、ヨーロッパの地域区分の各項目を待つことにします。

地域区分

北ヨーロッパ地域?
中央ヨーロッパ地域
 19世紀半ば頃から唱えだされた、と言われるが、明確な形で主張されるようになったのは、20世紀に入ってから、とも言われる。歴史的、文化的な地域区分であることが多く、しばしば、政治的主張とも結びつけられた。
 第2次世界大戦?後、政治的な意味での西ヨーロッパ東ヨーロッパとを対照的に用いることが多くなり、一時期、「中欧」が用いられることは、極めてまれになった。旧ソ連崩壊?前後から、「中央ヨーロッパ」が用いられることが再び増えた。当然のように、用法は何種類かあり、それぞれの間の異同も少なくない。
 2006年現在、「中央ヨーロッパ」とみなされることが多い地域には、次の国々の領域が含まれる。
 オーストリア共和国、スロヴァキア共和国?、スロヴェニア共和国?チェコ共和国ドイツ連邦共和国ハンガリー共和国ポーランド共和国リヒテンシュタイン公国
 スイス連邦も、しばしば、上記の国々と併せて「中央ヨーロッパ」の国とみなされることがある。しかし、どちらかと言えば、西ヨーロッパの国に数えられることが多いようだ。
南東ヨーロッパ地域?
西ヨーロッパ地域
 「西ヨーロッパ」は、第2次世界大戦後?の冷戦期に、政治的な用法が広まった地域区分。
 冷戦期当時、社会主義圏だった諸国の領域を「東ヨーロッパ」と呼んだのと、対になって用いられたのが「西ヨーロッパ」だ。この用法では、地理的な意味はあまりない。例えば、北ヨーロッパ諸国?も、南ヨーロッパに属す、イタリア、ギリシア、スペイン、マルタなども含まれた。
 この「冷戦期に唱えられた西ヨーロッパ」の用法は、使われる頻度は低くなってきてはいるが、現在でも用いられることはある。
バルカン地域
 「バルカン地域」は、地理的な意味でのバルカン半島と大きく重なりながらも、共通性の高い自然環境や歴史経緯を持つ領域を指す地域名。
 かつて西欧諸国では、主に国際政治や戦略検討の議論で用いられた(例えば、第1次世界大戦前後に「バルカンは欧州の火薬庫」と言われた用例など)。地理的なバルカン半島の領域以上に、領域定義は様々で、スロヴェニアやクロアチア地域、モルドヴァ地方、ワラキア地方のそれぞれを治める治めないなどについて諸説ある
東ヨーロッパ地域
 「東ヨーロッパ」は、ヨーロッパ州の東部地域を、どちらかと言えば漠然と指す。
 用いられはじめた時期は意外に新しく、第2次世界大戦後?社会主義諸国に占められた地域を「東側」と呼ぶようになり、使用が広まった、と考えられている。いわゆる冷戦期に使用が定着した、と言われることが多い。一説に19世紀のドイツで、国家主義者がヨーロッパのスラブ語圏を指して、東ヨーロッパと呼び始めた、とも言われるが定かではない。ヨーロッパの東部には、マジャール人の国ハンガリーもあれば、ラテン系文化を受容して形成されたルーマニアもある。スラブ語圏を東ヨーロッパとみなすのも、政治的な主張の1つでしかない。
 「東ヨーロッパ」は、政治的な用語として用いられはじめただけに、指し示す範囲は、時期による異同が多く、また論者の政治的立場による異同も多い。(例えば、ドナウ川流域の諸国で、自分たちの国土を「中部ヨーロッパ?(中欧)」と呼ぶ意見など)
 2006年現在、国連の統計部門では、以下の国家の領域を、東ヨーロッパ地域としている。
ウクライナ、スロヴァキア共和国?チェコ共和国ハンガリー共和国ブルガリア共和国ベラルーシ共和国ポーランド共和国、モルドヴァ共和国?ルーマニアロシア連邦
 ヨーロッパの旧社会主義体制諸国の領域を指して「東ヨーロッパ」とする用法は、現在でもしばしば、広義の東ヨーロッパを意味するかのように用いられている。この区分では、古くからのNATO加盟国だったギリシア共和国?及び、トルコ領ヨーロッパは、普通は含まれない。
 一方、旧ソ連構成国の内、アゼルバイジャン共和国アルメニア共和国、グルジア共和国?が、ヨーロッパに含められることもある。地理的には無理があるが、これらの国をヨーロッパに含めるとしたら、東ヨーロッパ地域に含めるのが妥当、ということになるのだろう。
 しかし、トルコ共和国をヨーロッパに含めない以上、歴史的、文化的には無理があるとの印象は否めない。
南ヨーロッパ地域
 「南ヨーロッパ」は、「ヨーロッパ州の南部地域」を漠然と指す。
 比較的古くから用いられた言葉で、例えば「ヨーロッパの内で、ラテン系の民族が多くすむ地域」といったイメージが先行しがちだ。
 地域の範囲に、一定した定義は無い。地理的定義、気候による定義、地域で主流の言語による定義、歴史的な定義などなどがよく聞かれる。
 一般的なイメージでは、イタリア共和国、ギリシア共和国?、スペイン?、ポルトガル共和国に、南フランスと地中海の島嶼とを加えた地域が、南ヨーロッパ、とされることが多い。

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイデア・フック、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど。
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

*このページの改訂方針などについて、要望、意見、議論などはこちらでどうぞ。

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/10/01 03:19:20
キーワード:
参照:[アフリカ] [太平洋のランド・マーク] [ドルドーニュ川] [コルマク・マク・クレナーン] [ハンガリー共和国] [EFTA(欧州自由貿易連合)] [ルクセンブルク大公国の基本情報 2008年版] [北アメリカ州のランド・マーク] [ヨーロッパ州の現存国家] [地中海] [フランス共和国の基本情報 2008年版] [セルビア=モンテネグロ] [ハンガリー共和国の有用地図集] [エジプト誌] [ボスニア=ヘルツェゴビナの基本情報 2008年版] [ブリガンテス族] [アイスランド] [フレンチ・インディアン戦争] [アレクサンダー・フォン・フンボルト] [オセアニア州のランド・マーク] [ハンガリー共和国の基本情報 2008年版] [新石器時代] [トルコ共和国の基本情報 2008年版] [メトロポリタン・フランス] [イオ] [トルコ共和国の有用地図集] [ルーマニア] [トゥーロン] [北アジア] [ゴトランド島] [F.Y.R.M.の有用地図集] [武器類] [パナマ地峡] [モナコ公国の有用地図集] [スカンジナビア半島] [オーストリア共和国の有用地図集] [チェコ共和国] [中央ヨーロッパ] [参照用サイト集:マップ・アクセス] [エウロペ,テュロスの〜] [スウェーデン王国] [国際関係の関連用語] [Euratlas - PHYSICAL ATLAS OF EUROPE] [輸送機器] [東ヨーロッパ] [エアバス社] [ルクセンブルク大公国] [U.K.(連合王国)] [オーストリア共和国] [ネアンデルタール人] [ロシア連邦] [ヨーロッパ州の有用地図集インデックス] [ノルウェー王国] [ブルターニュ地方] [7大州] [EADS社] [バチカン市国] [アーティファクツやオーパーツ・ソース] [アジア州のランド・マーク] [リヒテンシュタイン侯国の有用地図集] [南アメリカ] [サンマリノ共和国] [ヴァトナヨークトル氷河] [有用地図集のインデックス(地域別)] [スイス連邦の基本情報 2008年版] [モルドバ共和国の基本情報 2008年版] [トルコ共和国] [ウラル川] [神話、伝説のキャラクター] [ハンス・スローン卿] [アジア] [オーストラリア大陸] [U.K.(連合王国)の諸地域] [コモンウェルス] [ブルガリア共和国] [有用地図集のインデックス] [ノルウェー海] [ロタリンギア] [セソストリス] [デンマーク王国] [大西洋] [サントル地域圏] [アンドラ公国の有用地図集] [ラス・エル-バール市] [アイスランド共和国] [ユネスコ世界遺産] [スイス連邦の有用地図集] [北海] [コルス島] [ルイジ・フランキ S.p.A.] [プロヴァンス地方] [ルクセンブルク大公国の有用地図集] [キプロス共和国の基本情報 2008年版] [アフリカ州のランド・マーク] [スイス連邦] [スカンジナビア山脈] [二アール・ノイジァラック] [地理関連の用語] [スイス連邦の基本情報 2009年版] [ロータス自動車] [ランド・マーク] [グルジア] [コミの原生林] [ドイツ連邦共和国の基本情報 2008年版] [セルビア共和国] [リトアニア共和国] [ディー川,アバディーンシャーの〜] [スロベニア共和国の有用地図集] [ジロンド川] [キプロス共和国] [ボスニア=ヘルツェゴビナ] [アルバニア共和国] [タタ・スチール] [アイルランド共和国の基本情報 2008年版] [ブルガリア共和国の基本情報 2008年版] [マルタ共和国] [北海,大西洋の〜] [キプロス共和国の基本情報 2009年版] [スロバキア共和国の有用地図集] [ポルトガル共和国] [オセアニア] [大西洋のランド・マーク] [アンドラ公国] [ドニゴール県] [ユトランド半島] [ドイツ連邦共和国] [Euratlas - Periodical Historical Atlas of Europe] [スカンジナビア] [アジア州の現存国家] [スロベニア共和国] [聖ブリギット] [ドーヴァー] [スロバキア共和国] [ルーマニアの有用地図集] [ドイツ連邦共和国の基本情報 2009年版] [Euratlas] [フィンランド共和国] [ラトビア共和国] [大カフカス山脈] [U.K.(連合王国)の基本情報 2008年版] [イベリア半島] [ヨーロッパ州のランド・マーク] [パールシー] [プファルツの森] [エウロペ] [ドナウ川] [クロマニョン人] [ポルトガル共和国の有用地図集] [アイルランド共和国の基本情報 2009年版] [リヒテンシュタイン侯国] [歴史上の国家、王朝、政権] [ビスケー湾] [西ヨーロッパ] [ドイツ連邦共和国の有用地図集] [アイルランド共和国] [パンノニア平原] [ウクライナ] [ハルガダ国際空港] [ポーランド共和国] [フランス共和国の有用地図集] [略号] [モナコ公国] [バルカン半島] [地中海のランド・マーク] [ベルギー王国] [フランス共和国] [ムラデッチの化石人] [ウラル山脈] [U.K.(連合王国)の基本情報 2009年版] [モルドバ共和国] [ブリギット] [南ヨーロッパ] [ポルトガル共和国の基本情報 2008年版] [ベラルーシ共和国] [ケプラヴィーク国際空港] [グレーター・ロンドン]
このページは凍結されています。