新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

メンチュヘテプ1世

メンチュヘテプ1世 メンチュヘテプいっせい (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
(調査中)
英語表記
Mentuhotep I
フランス語表記
Montouhotep I

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 メンチュヘテプ1世は、古代エジプト?の第11王朝?の統治者として伝えられている人物。

 マネトーの『エジプト誌』では、歴代ファラオ?の1人に挙げられている。現代の研究によれば、第11王朝はその初期は、テーベを支配した地方勢力で、メンチュヘテプ1世もテーベの地方支配者だった。

 メンチュヘテプ1世の具体的な事跡や人物像は、記録が乏しく、ほとんど知られていない。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 メンチュヘテプ1世の名は、カルナックに遺るトトメス3世?のホールに、ノモスの統治者として刻まれている。

 「上エジプトの第一支配者」と称した可能性があるが、これは後代の追号かもれしれない。存命中ファラオを称したとは思えないが、後世いつの頃からか、第11王朝の初代ファラオとして伝えられるようになった。

 現在の研究では、テーベの支配者が、確実にファラオ?を称すようになったのは、1世の息子、アンテフ1世の代から、であったと考えられている。

 メンチュヘテプ4世の息子(アンテフ1世の兄弟)アンテフ2世の代に、テーベは北方に勢力圏を拡大。ヘラクレオポリス・マグナ?との戦いを断続させるようになった。そして、実際に上下エジプトを統一したのは、アンテフ3世の後継者メンチュヘテプ2世だった。メンチュヘテプ2世は、1世から数えれば王朝の第5代となる。

 要するに、メンチュヘテプ1世は、後世ファラオとして伝えられたが、実際は、第1中間期?の地方支配者の1人で、テーベを支配した人物だった。後世、第11王朝の初代として伝えられるようになったのだ。

 メンチュヘテプ1世がテーベの支配者だった時期は、紀元前22世紀の前半頃と思われる。あるいは、B.C.2134年頃没したとも言われるが、これは、あまり定かではない推測説になっている。メンチュヘテプ1世がテーベの支配者になった年や、何年間支配したかなどは、現在までのところ手がかりも見出されていない。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

別称類

主要国の言語

  • アラビア語名の音=(調査中)
  • 英語表記=Mentuhotep I
  • フランス語表記=Montouhotep I
  • スペイン語表記=Mentuhotep I
  • ロシア語表記=Ментухотеп I
  • 中国語表記=〓〓荷太普一世
    (〓はそれぞれ表示できない漢字)

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/14 10:30:31
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [アンテフ1世] [歴史上の実在人物] [メンチュヘテプ2世]
このページは凍結されています。