新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アンテフ2世

アンテフ2世 アンテフにせい (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
(調査中)
英語表記
Intef II
フランス語表記
Antef II

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 アンテフ2世は、古代エジプト?の第11王朝?でファラオ?だった、と伝えられていた人物。

 実態は、古代エジプト?の第1中間期?に、テーベを支配した豪族の長で、後世第11王朝?と呼ばれる事になった地方政権の支配者だった。やはりテーベを支配した兄弟アンテフ1世同様、ファラオ?を称した。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 アンテフ2世は、アンテフ1世の死と共に、テーベの支配者の地位に就いた。おそらく、紀元前22世紀の末頃で、B.C.2118年とも、B.C.2117年とも言われる。異説に、紀元前21世紀前半とする説もあり、B.C.2064年などとも言われる。

 テーベの支配権を継承したアンテフ2世は、かなり速やかに、テーベ以南、第1急湍のアスワン地域まで、上エジプトを直接統治下に治めた、と伝えられている。

 アンテフ2世がファラオを称してテーベなどを支配していたのは、49年間とも50年間とも言われる長期間に及んだ。

 アンテフ2世は、やはりその統治の初期に、アンタエオポリス?までをも服属させた、と伝えられている。この拡張政策が、ヘラクレオポリス・マグナ?の地方政権(第10王朝?)を刺激したのか、テーベとヘラクレオポリス・マグナは、アビュドスやティニス?の支配権を巡って戦いを断続させた。

 長期的には、戦況はテーベ側が優位に立ち、アンテフ2世の統治末期には、パノポリス?のあたりまでが、テーベに服属した勢力圏になった。


 アンテフ2世は、死後、ドゥラ・アブー・アル-ナガル?の墓域に埋葬された。没年は、B.C.2069年と推定される事が多い。B.C.2015年頃とも言われる。

 アンテフ2世の代のテーベでは、後世カルナック大神殿?に発展するアメン神殿の建立が始まったと思われる。それ以前、テーベの祭神はメンチュ神?だった。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 アンテフ2世の代のテーベの、南方支配と、北方拡大の因果関係は、現在までのところあまり明快に整理はされておらず諸説ある

 ただ、南方を直接統治下に置いた事で、長距離交易に関わる富を得た事は確からしい。この財力が、北方への拡大政策を支えたのだろう、との推定は、広く受け入れられている。

 アンテフ2世の長期に渡る上エジプト支配は、ヘラクレオポリス・マグナとの交戦にも関わらず堅調だった。アンテフ2世の死後、支配者の地位を継承したアンテフ3世は、テーベの勢力圏をリェコポリス?のすぐ南あたりまで拡大することになる。


 アスワン地方のエレファンティネ島にあった神域から、アンテフ2世の彫像が発掘されている。この事は、テーベの直接統治を裏付ける物証と見なされている。

 さらに、アンテフ2世は、治世30年め頃までに下ヌビアワワトのあたりまでも影響力を及ぼすようになっていた、と推測している研究者もいる。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

別称類

主要国の言語

  • アラビア語名の音=(調査中)
  • 英語表記=Intef II
  • フランス語表記=Antef II
  • スペイン語表記=Intef II
  • ロシア語表記=Иниотеф II
  • 中国語表記=因提夫二世

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/10 12:41:57
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [メンチュヘテプ1世] [アンテフ1世] [メンチュヘテプ2世] [歴史上の実在人物] [アンテフ3世]
このページは凍結されています。