新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ネウェド

ネウェド 
(暫定版)

記事内容、追加調査中の暫定版です。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「ネウェド」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「表現+知性 目標値=8〜10」「魔術+知性 目標値=10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 「ネウェド」は、アイルランドの神話的な歴史譚で語られるキャラクター。
 11世紀頃、神話的な歴史譚を再編したと思える『アイルランド来寇の書?』によれば、ネウェドはスキタイ人?で、リーダーとして仲間を率いてアイルランドに渡来してきた。当時、島はパルトローンの子孫たちが死に絶えた後、数百年が過ぎていた、というのが「来寇の書」の物語だ。
 「来寇の書」の物語では、ネウェドとその仲間たちは、『旧約聖書?』に記された大洪水の後、アイルランドに渡来した2番めのグループになる。彼らは、島に入植したが、直後にほとんどが疫病に見舞われ病死した。
 死なずに済んだ入植者たちも、島に先住していた魔神族フォモリ族に、人身御供を含んだ貢物を捧げるよう迫られたため、アイルランドを立ち去った。
 しかし、立ち去った一団の子孫たちが、後に再度、島に来寇することになる。それがフィル・ボルグだった。また、フィル・ボルグに次いで来寇するトゥアター・デ・ダナンも、島立ち去ったネウェドの仲間の子孫たちの別の1団だった、としているのが「来寇の書」の物語だ。
小事典版推奨判定
「言語+知性 目標値=8〜10」「表現+知性 目標値=10〜12」「魔術+知性 目標値=10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 “Nemed”と記して、「ネメド」ではなく「ネウェド」と読むのが、アイルランド・ゲール語風の読み方。
 アイルランド・ゲール語で「聖なる(者)」「特権者」といった意味の古風な言葉。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/11 22:44:02
キーワード:
参照:[+αのワールド用語] [マハ女神] [フィル・ボルグ] [トゥアター・デ・ダナン]
このページは凍結されています。