新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

シャルマネセル4世

シャルマネセル4世 
シャルマネセル よんせい
(Shalmaneser IV) 
簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「シャルマネセル4世」は、新アッシリア時代のアッシリア?支配者の1人。紀元前8世紀前半期に10年ほど在位。

 アッシリア帝国?初期の人物だが、その事跡、人物像などは、定かには解明されていない

やや詳しい情報

  • なければ、書かなくてもOK。

 シャルマネセル4世は、アダド・ニラリ3世の息子で、アッシュル・ダン3世の兄。アッカド語に基づくアッシリア王名は、「シャルマヌ・アシャリド(Shulmanu-asharid)」。意味は、「シャルマヌ神は至高なり」。

 先代にあたるアダド・ニラリ3世の跡を継ぎ、B.C.783年頃アッシリア帝国の帝位にあった、と思われる。在位期間は、B.C.783年頃〜B.C.773年頃の足掛け11年。

 シャルマネセル4世の代は、アッシリア帝国?の初期だが、帝国の支配が緩んでいった時期にあたる。

 アダド・ニラリ3世の治世からはじまった、統治力弱体化が進行。王名による記録が少なくない、あっても断片的なものになっている。これは、中央王宮での高位に就いた宦官たちが、集団で王の直接統治を妨げていたため、とも推測されている。

 しかし、宮廷でのできごとの実態は、詳しくは知られていない。シャルマネセル4世の事跡や人物像も、まったくと言っていいほど解明されていない

 遠征先征服地での諸将の半独立傾向、将軍シャムシ・イルの影響力拡大、旧属国群の間で強まる自立化傾向、属国からの貢納物の停滞などなどが、アダド・ニラリ3世の代、あるいは、アッシュール・ダイン・アピルの反乱?以降にはじまった、統治力低下の現れと考えられている。


 シャルマネセル4世の代、シャムシ・イル軍勢を率いてがウラルトゥ王国?に遠征したことが、伝えられている。首尾は定かでない。B.C.773年頃にもシリア方面に遠征があったようだ。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイデア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/10 11:50:36
キーワード:
参照:[シャムシ・イル] [新アッシリア時代] [アッシュル・ダン3世] [歴史上の実在人物]
このページは凍結されています。