新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ウヘム・メスウト

ウヘム・メスウト

アラビア語名
(調査中)
英語表記
Wehem Mesut

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「ウヘム・メスウト」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=8〜10」「言語+知性 目標値=10〜12」「魔術+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 「ウヘム・メスウト」とは、古代エジプトの新王国時代?末期に、テーベのアメン神殿で、神官団の第一人者となったヘリホルが用いはじめた、独自の暦の呼称。テーベをはじめ、事実上アメン神官団の統治下にあった上エジプトで用いられた。
 第20王朝?の、最後のファラオ?だったラメセス11世の、治世19年めを元年とした。
 「ウヘム・メスウト」とは、古代エジプトの言語?で、「誕生の更新」あるいは「誕生の繰り返し」、「新生の繰り返し」、「再生の繰り返し」といった意味だった。現在は、意訳して「(テーベの)ルネッサンス暦」とか「再生暦」と呼ばれたりすることがある。
 現在の古代エジプト研究では、テーベの神官団がウヘム・メスウト暦を用いるようになった年を「アメン大司祭国家」成立の年、とみなすことが多い。ラメセス11世の即位は、B.C.1102年頃とされることが多いので、一応、B.C.1084年頃のことと推測される。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=10〜12」「言語+知性 目標値=12〜14」
やや詳しい情報 研究者によっては、「アメン大司祭国家の成立」(つまりウヘム・メスウト暦の発布)をもって、「新王国時代の終焉」、あるいは「第3中間期?の始まり」とみなす意見もある。
 しかし、実際は、ヘリホルにしろ、ヘリホルの2代後の第一神官だったパネジェム1世にしろ、生前、テーベや上エジプトではウヘム・メスウトを使っていたものの、ミイラと共に埋葬した事跡記録(治世記録)は、王朝側の暦に準拠した記録を遺していた。
 ちなみに、古代エジプト王朝では、ファラオ?の治世年を元号のように用いて、記録を記すのがスタンダードだった。これに対し、アメン大司祭国家では、第一神官が代かわりしても、ウヘム・メスウトが継続して用いられた。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=12〜14」
詳しい情報 「ウヘム・メスウト」は、テーベのアメン神官団が暦の名に用いるのに先立ち、第12王朝?初代のファラオ?だったアメンエムハト1世が、自らの尊称として用いたことも知られている。
 アメンエムハト1世の素性はよくわからないが、上エジプトの出身者で、あるいはテーベの豪族だったかもしれないと言われている。そのファラオ名からもわかるように、彼はアメン神崇拝を重んじたファラオだった。

GM向け参考情報

捕捉情報

  • テーベでの「ウヘム・メスウト暦」の使用がいつまで続けられたのか? については、未確認です。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/30 22:55:57
キーワード:
参照:[パネジェム1世] [+αのワールド用語] [アメンエムハト1世]
このページは凍結されています。