新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アナン女神

アナン女神 
アナンめがみ
簡易版

英語表記
Anann

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アナン女神」は、中世アイルランドの文書によれば、「神々の母」として、キリスト教化以前のアイルランド部族に崇拝されていたとのこと。アヌ女神(Anu)、アナ女神(Ana)、アナンド女神(Anand)とも。

 マンスター地方との結びつきが深かったと思われる。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「神々の母」アナン女神は、中世アイルランドの文書によれば、「マンスター地方に住まう豊饒の女神だった」とも伝えられた。

 「神々の母」と伝えているのは、900年頃に編纂された『コルマクの語彙集』。「マンスターの豊穣の女神だった」としているのは、1500年頃の写本で伝わっている『コール・アンマン』だ。

 中世アイルランドの詩歌では、「アヌ女神の地」を意味した「イナト・ナナン(Iath nAn-ann)」がアイルランドの別称、雅称の1つとして、しばしば用いられていた。

 アナン女神は、キリスト教化以前のケルト族が崇拝した地母神だったようだ。

 マンスター地方で、ケリー県中部のキラーニ?近くに現在も見られる近接した2つの丘陵は、「ダー・ヒーヒ・ナナン」(アヌの両の乳房)と呼ばれている。古くは、夏至の火の夜にアナン女神に供えるかがり火が夜通し炊かれた、とも伝えられている。

 アナン女神は、出産と繁栄を司る女神として崇拝された。牛を守護する女神だが、弱い子牛が成長前に死ぬのも女神の采配とされ、「慈悲深い女神」の名で、畏怖されたようだ。

 マハ女神、バドブ女神?と共に、戦の帰趨を左右した3女神の1柱でもあり、戦士に戦死の運命を予言した。

 『アイルランド来寇の書?』に採録された物語には、「アナン」がモリガン?の秘められた名だと記した、あるいは示唆したヵ所が少なからずある。

 アイルランド神話の、現在の研究者の間には、アナン女神を、アーネ女神の別名とする意見、ダヌー女神の別名とする意見のそれぞれが、少なからず聞かれる。しかし、どちらの意見にも、「それぞれは別の神格だった」とする反対意見も同程度聞かれる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイデア・フック、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
  • 2008-10-02 (Thr) 12:11:07 srvddf : azWjOeLCFcrC
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/02 12:11:07
キーワード:
参照:[アーネ女神] [神話、伝説のキャラクター] [ダヌー女神] [マハ女神] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。