新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

バンハ市

バンハ市 バンハし (暫定版)

記事内容、追加調査中の暫定版です。

アラビア語名
Banha Elasal(バンハー・エラサル)
英語名
Banha(Benhaとも)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 バンハ市は、ナイル・デルタの南部で、ナイル川下流のダミエッタ支流流域に立地するエジプトの都市。

 カイロの大都市圏から遠くない。農業、養鶏業が盛んな地域の、集散地といった性格の都市。電子機器関係の産業も盛ん。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「交流+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 バンハ市は、クァリュービア県の行政中心地。県域の北部で、カイロ市の東方48kmほどに位置。市街は、ナイル川のダミエッタ支流東岸に広がり、上流で、ダミエッタ支流から別れて掘削された水路が、市街の東西中ほどを貫流。カイロアレクサンドリア市を結ぶ基幹自動車道(国道1号)が近傍を通っている。
 バンハ市には、エジプトの他県同様、大統領に任命された県知事が、中央政庁から派遣され県を統治している。
 市域周辺の農作地では、主に小麦、綿、果実などが栽培されている。
 バンハ市は伝統的には、バラの栽培と、バラを用いた香料の生産で知られる。バヌハ市のアラビア語名「バンハー・エラサル(Banha Elasal)」は、「甘く香るバンハ」といった意味。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値10〜12」「情報+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報 バンハ市が、クァリビュエー県の行政中心地に定められたのは、1960年のこと。それ以前は、周辺地区の行政中心に過ぎなかった。
 現在のバンハ市外の北東近傍には、古代の遺構を含んだ遺丘テル・アトリブが位置している。この遺丘は、現在までのところ、組織だった本格的調査はなされていない。一部、末期王朝時代?から、グレコ・ローマン時代にかけての遺構が調査されている。
小辞典版推奨判定
「言語+知性 目標値10〜12」「歴史+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報 「バンハ」の地名は、しばしば、古代エジプトの「バー-ナハ(ber-naha)」に遡り、「バナホ(banaho)」を経て、アラビア語化した、と言われている。

GM向け参考情報

 「増補待ち」

【参照地図】

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/12/23 11:44:00
キーワード:
参照:[クァリュービア県] [テル・アトリブ] [エジプト=アラブ共和国の諸地域] [アトリビス,下エジプトの〜]
このページは凍結されています。