新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

テル・アトリブ

テル・アトリブ (暫定版)

簡記事内容、追加調査中の暫定版です。

英語表記
Tell Atrib

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「テル・アトリブ」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値8〜10」、「情報+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 テル・アトリブは、エジプトナイル・デルタ南部に位置するテル(遺丘)
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値10〜12」、「情報+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報 テル・アトリブの所在は、エジプト=アラブ共和国のクァリュービア県。行政中心地バンハ市の北東郊外で、ナイル川から穿たれた水路(canal of Moueys)が本流から別れるあたりに位置している。カイロ市の概ね北にあたる。

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報 テル・アドリブは、以前は、ナイル川のタニティク分流(Tanitic branch)の東岸に位置していた。
 ナイル川上流にアスワン・ダムが建造されるまで、ほぼ毎年周期的な増水に見舞われた土地で、古代都市の遺跡は現状のように丘に覆われるようになった。
 現状は、小高い丘に埋もれるようにグレコ・ローマン時代の遺構が部分的に見られる。
 遺丘の底には、あるいは、古代エジプト時代のノモスの都の遺跡が眠っているかもしれない。あるいは、ナイル・デルタの湿気などのために、痕跡らしい痕跡も遺っていないかもしれない。どちらにせよ、現在までのところ、遺丘の深部を古代エジプト時代の層まで発掘する本格的な調査はなされていない(と、想定)。
 遺丘の表層付近に見られる遺構類の内では、古代エジプト?の第25王朝?から第30王朝?にかけて盛んに営まれたエジプト伝統神の神殿址が、比較的よく調査されている。この神殿には、アトリビス?の都市名の元になったスリフィス女神?などが祀られていた。
 神殿のあたりからは、グレコ・ローマン時代の墓地も発掘されている。この時代にも、なんらかの宗教センターとして続いていたようだ。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/24 15:39:09
キーワード:
参照:[アトリビス,下エジプトの〜] [バンハ市] [ノモス] [クァリュービア県] [+αのワールド用語]
このページは凍結されています。