新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

エキサイティング・ロール・システム

エキサイティング・ロール・システム

 「ブルーローズ」の行動判定で用いるダイス・ロールの仕方。

 2D6の上方判定が基本で、ゾロ目振り足しルール、と、達成値が目標値を5上回るごとに成功度が1段階あがる多段階大成功のルールが特徴。確かにエキサイトし易い(ルールブックp.52)。

ゾロ目振り足しルール

 行動判定に使っているダイスの出目がすべて同じ(ゾロ目)なら、プレイヤーは、再度ダイスロールをおこなえる。この振り足しを選択したら、新たな出目が達成値に上乗せされる。

 振り足しは、義務ではなく、プレイヤーの選択である。ゾロ目が出ても「振り足さない」と宣言することはできる。

大失敗の優先

 大失敗の目が出たら、ダイス・ロールのゾロ目より優先される。

 もし、ゾロ目振り足しを何度か連続してきていても、大失敗の目が出た時点で、その行為判定は大失敗となる。

 普通のダイス・ロールは、2D6なので、1、1や、2、2の目が出れば、振り足しができる。

 《夢と希望》を使って、ダイス3個で行動判定をしている場合、1、1、1や、2、2、2の目が出れば、振り足しのできるゾロ目ではある。

 ただし、キャラクターがマイナス状態を被っていない限り、出目の3は大失敗となる。

 1、1、1では、振り足しはできず、大失敗となる。

活用や検討

活用

 振り足しは楽しい(笑)。ただ、「振り足しをするかしないかはプレイヤーが決定できる」を忘れがち。大失敗もあるから、振り足しを途中で止める選択も、時には大事。

  • そうは言っても、もう少し達成値があがると2段階大成功、とか言って振り足ししちゃうんだよね(笑)。
  • 素のまま2d6はゾロ目が出やすく、3d6より爆発力がある。3d6は一方で大失敗が起こりにくいというメリットがある。大失敗をしてもきちんとフォローできる状態であれば2d6のままでも良いと思わせるジレンマ構造は非常に面白い。
    • 高い達成値を狙うなら4d6以上を振ればよいのは内緒。大失敗もめったに起きないからね。

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/12/09 08:00:52
キーワード:
参照:[小辞典ルール編] [チップス集] [ダイス・ロール] [大失敗] [大成功] [小辞典] [達成値] [行動判定]
このページは凍結されています。