新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

大成功

大成功 だいせいこう

 ダイス・ロールで処理する行為判定では、達成値が、目標値を5上回ると大成功になり、通常の成功より1段階有利な結果を得る。

 以降、達成値が目標値を10上回れば第2段階大成功、15上回れば第3段階……と、5上回るたびに、より有利な結果を得られる。

 この「多段階大成功」の処理方式は、「ゾロ目振り足し」のルールとあいまってエキサイティング・ロール・システムの幹と呼べる部分を成している。

 多段階大成功による「より有利な結果」とは、次のようなもの。

  • 行為判定に続くダメージ処理で、ダメージ算出用ダイスを大成功段階1ごとに1D増やせる。本来、ダメージ・ダイスを降らない攻撃(挌闘技能未取得者による素手攻撃など)も+1Dされる。
  • 行動達成に、物語内時間がかなりかかる行為の場合、大成功1段階ごとに達成時間が短くなる。手早く処理できたわけだ。ただし、この時間短縮は、本来かかるの時間の50%まで。
  • 結果を数値的に処理しづらい行為の場合、「非常によくコントロールされた結果」「たいへん華麗に処理された結果」などとして処理される。

ルールブック、p.52)

 運試し判定で処理する場合は、上昇星(太陽)が大成功に相当する(ルールブック、p.54)。

活用や検討

活用

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/12/17 13:55:22
キーワード:
参照:[エキサイティング・ロール・システム] [目標値] [ダイス・ロール] [達成値] [運試し判定] [小辞典ルール編]
このページは凍結されています。