新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ラファフ

ラファフ (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名
調査中
英語名
Rafah

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 ラファフは、エジプト=アラブ共和国ガザ・ストリップ(パレスティナ暫定自治領?)との境界をまたいで、双方に分断されている町。

 出入国ゲートが設けられているが、2007年現在は閉鎖されている。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ラファフの町は、地中海沿岸から5〜6kmほど。ガザ・ストリップ側では西縁の南北中ほどに位置。エジプト側では、北シナイ県の北東隅の一角にあたる位置。

 ガザ・ストリップでは、町を含んだ南西端の地区が「ラファフ地区」と区分されている。ラファフの町は、ラファフ地区の行政中心地。

【参照地図】


 ラファフの町の人口は、おおよそで13万人ほどと見積もられているが、この見積もりには、町の近傍に設けられている難民キャンプの居住人口、84,000人ほども含まれている。

 町の北方にはテル・アッ-スルタン・キャンプ(通称カナダ・キャンプ)が、南方にはラファフ・キャンプが近接。町の南には、イスラエル軍による空爆を受け、2001年に放棄されたヤーセル・アラファート国際空港が位置していた。

【参照イメージ】

  • 空爆で廃墟になったヤーセル・アラファート国際空港施設
    (空爆で廃墟になったヤーセル・アラファート国際空港施設,Wikimedia Commons

 地域では、古代から都市的な集落が営まれていた。古代からの集落は、12世紀頃には衰退していたらしい。エジプトでマムルーク朝が成立した後の記録では、郵便と同種のシステムの中継地として記され、16世紀頃のオスマン=トルコの記録では、小さな村落として記されている。

 第1次世界大戦?中の1917年に戦場になった後、U.K.軍の基地が設けられ、周囲の人口が増えはじめた。これが、現在のラファフの町の直接のルーツになっている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 古代エジプトの第19王朝?のファラオ?、セティ1世?の碑文に、ラファフの位置にあった古代の町についてが記されている。これが、現在知られる最も古い文字記録だろうと思われる。紀元前10世紀には、第22王朝?のシェションク1世?が、北方への遠征の途上、やはり古代の町に一時進駐した、との記録が遺されている。

 B.C.720年頃、アッシリア帝国?サルゴン2世の軍勢が、ラファフのあたりでエジプトの軍勢と交戦し勝利した。B.C.217年には、プトレマイオス朝?とセレウコス朝?が一帯で交戦し、プトレマイオス4世の軍勢が、アンティオコス3世の軍勢を下した。

 ビザンツ時代には、東方教会の教区教会が設けられ、アラブ系集団との交易拠点として栄えたようだ。

GM向け参考情報

参照地図

GMの運用

  • 「ラファフ国境ゲート」の項も参照のこと。⇒ ラファフ国境ゲート
  • 「エジプト側のラファフの町」については、人口などは不明(調査中)。各種の地図を参照しても、人口が多いとは思えない。

別称類

 英語名は「ラファフ(Rafah)」。

 現代ヘブライ語による地名は「ラフィアー(Rafiah))」。

 古代エジプトの言語では「ロビフワ(Robihwa)」。

 アッシリア語で「ラフィフ(Rafihu)」。

 ヘレネス、古代ローマ人の呼んだ地名は「ラフィァ(Raphia)」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/10/10 09:05:32
キーワード:
参照:[シナイ半島] [アリーシュ市] [ラファフ国境ゲート]
このページは凍結されています。