新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

シャルマネセル5世

シャルマネセル5世 シャルマネセル ごせい (Shalmaneser V) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 シャルマネセル5世は、アッシリア帝国?の支配者だったティグラト・ピラセル3世の息子。父の跡を継ぎ、紀元前8世紀前半に、帝国を支配した。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 シャルマネセル5世は、父であるティグラト・ピラセル3世の在世中、フェニキア地方(現レバノン領のあたり)の属領総督だった。

 ティグラト・ピラセル3世が死没したB.C.727年に、アッシリア王位を継承。「シャルマネセル5世」の名は、ユダヤ教聖典(『旧約』)で伝えられた名。アッカド語?に基づくアッシリア王名は、「シャルマヌ・アシャリド(Shulmanu-asharid)」で、意味は「シャルマヌ神は至高なり」。

 シャルマネセル5世の治世は、B.C.722年までの足掛け6年間に過ぎないが、王碑文の類が残っていないため、治世について、ほとんど何もわかっていない。わずかに、当時のイスラエル国王ホシェアが、エジプト王朝と結んでアッシリアに叛旗を翻し、シャルマネセル3世の遠征軍に攻められたことが、ユダヤ教聖典の『列王記?』と、バビロニアの年代記とに記され、伝えられている。

 当時、イスラエル王国の領土だったサマリア?は、アッシリアの攻囲に数年間持ちこたえた後、降伏したようだ。シャルマネセル5世は、遠征からの帰路途上、死没したと思われるが定かではない。普通、B.C.722年のこととされている。

 あるいは、占領地サマリアで死没した、と言われることもあるが『列王記』には、それを思わせる記述はない。


 『列王記』では、下巻の17章に、イスラエル王国?を滅亡させたのが、シャルマネセル5世であるかのように記されている。

 一方、アッシリア側の碑文類では、シャルマネセルの次代にあたるサルゴン2世が、イスラエル王国を滅ぼし、捕囚をアッシリアに強制移住させたことが記されている。

 現在、普通、イスラエル王国滅亡は、サルゴン2世の命による戦争の結果、とされている。

 『歴代記』の記述の混乱については、「イスラエル王国滅亡の前後にユダ王国?に逃れた難民たちの告げた混乱した報告が記録され、それが後代『歴代記』編纂時にソースとして用いられたのだろう」と言われることが多い。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 アラム語などで残された断片的な古代記録に「ウルラユ」という名で記された人物がシャルマネセル5世にあたる、と考えられている。「ウルラユ」は「エルルの月に生まれた」と言う意味の名で、シャルマネセル5世の王位継承前の名前だった可能性がある。

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/12/01 10:20:10
キーワード:
参照:[サルゴン2世] [歴史上の実在人物] [メロダク・バラダン2世] [新アッシリア時代]
このページは凍結されています。