新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

シル・ダリヤ

シル・ダリヤ(シル川) (Syr Darya) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「シル・ダリヤ(シル川)」は、内陸アジアの内陸河川。

 天山山脈?の東部で、ウズベキスタン共和国領とキルギス共和国領とに発する2本の源流が合流する国際河川。タジキスタン共和国領から流出してくる多数の河川も合している。

 本流は、カザフスタン共和国ウズベキスタン共和国との国境の東部をなした後、カザフスタン領南部に入り北流。キジルクム沙漠?の東辺 〜 北辺を流れて、アラル海?に流入。

 流域では、旧ソ連?時代から、灌漑用水路網が開発された。強引な開発の結果、アラル海の縮退を招き、アラル海は21世紀中に消滅すると目されている。

【参照地図】

  • Image:Aral map(アラル海?、及び、シル・ダリヤ、アム・ダリヤ?水系地図,Wikimedia Commons

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「シル・ダリヤ」は、ペルシア語で「海の川」を意味する。音は“スィル・ダリヤ”に近い。アラビア語では、「セイフン(川)」と呼ばれる。

 主な源流は、広い意味でのフェルガナ盆地?地域にかかるナルイン川?とカラ・ダリヤ?の2本。

 川長はおよそ2200km。源流まで含めると、3100km弱。流域面積649,000平方km。

 例年、3月〜9月が増水期。下流では、12月〜3月頃結氷。流水は泥分が多く、河口にデルタを作っていた。現在は流量が減っていて、デルタ形成の速度よりも、アラル海の縮退速度の方が勝っている。

 流域の主要都市は、コーカンド、フジャンド、キジル・オルダ、チュルケスタンなど。流域は、狭い意味での内陸アジアで最も肥沃な地域の1つと目される。

 流域の灌漑用水開発は18世紀から取り組まれていた。しかし、大々的に拡張されたのは20世紀におこなわれたソ連当局の開発による。現在の流域は、灌漑水路網を利用した、綿花の大規模栽培地帯になっている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

別称類

 「シル・ダリヤ」は、ペルシア語起源の地名。音は“スィル・ダリヤ”に近い。日本語訳は「シル川」。

 アラビア語では、「セイフン(川)」。

 古典ギリシア語では、ヤハルテス川。

リンク

関連項目

  • アラル海?
  • フェルガナ盆地?

資料リンク

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/09/05 09:46:39
キーワード:
参照:[アジア州のランド・マーク] [シル川] [移動経路や移動方法など] [トゥラン低地] [ランド・マーク] [バイコヌール宇宙基地] [クィジルクム沙漠] [カラクム沙漠]
このページは凍結されています。