新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

クィジルクム沙漠

クィジルクム沙漠 
クィジルクムさばく (Qyzylqum) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 クィジルクム沙漠は、中央アジアの中部西寄りで、アム川?(アム・ダリヤ)とシル川の間を占める、広い沙漠地帯。「キジル・クム(Kyzyl Kum)」とも。

 現存国家の領域では、ウズベキスタン領中部の概ねを占め、カザフスタン領南縁部の東西中ほど、トルクメニスタン領?北部のわずかな一部に渡っている。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 地域は、チュルク系の言語で「赤い砂」を意味する「キジル・クム」と呼ばれる。「キジル・クム」が、ペルシア語などに入って訛化した地名が「クィジルクム」。トランス・オクシアナ?にほとんど重なっている。

 およそ、298,000平方kmの沙漠は、概ねが砂沙漠で砂丘が多い。ただし、一部に岩地性の丘陵地もまばらに存在、また、裁く北西部は、広い地域が粘土質の丘陵地に入り混じっている。

 河川流域に可耕地が断続している他、河川の流れに沿うように、やや離れた地点にもオアシスが散在。

 埋蔵資源としては、石油、天然ガスが採掘されている他、銅鉱、ボーキサイト、銀、ウラン鉱、が知られている。これらの地下資源の開発は、旧ソ連?時代の1960年代から急速に進められた。鉱業の拠点は、ウズベキスタンのナヴォイ市?、ウチュクダク?、ザラフシャン市?などにある。

 沙漠地帯の平均人口密度は大変低く、人口集住地以外では、事実上の無人に等しい。伝統的に遊牧民が、丘陵地や河川流域、オアシス外縁などで、広い範囲の草地を牧草地に利用してきた。遊牧民の主な畜獣は、ヒツジや、ラクダ。


 ウズベキスタン領南縁部の東西中ほどに位置するブハラ県?では、およそ、10万1千平方kmが、1971年から自然保護区に指定されている。保護区はクィジルクム沙漠南部の東寄りにあたり、アム・ダリヤ川の流れが沃土を堆積させている地域を含む。

 地域には、アカシカの1種であるブハラ・シカ、イノシシ、キジ、イヌワシなどが生息。

 他に、ブハラ市?の南方40kmほどにも、1977年から制定されてるジャラン自然保護区(Djeyran nature reserve)が設けられている(51,450平方kmほどの)。こちらの保護区には、ガゼル、アジア野生馬、オオ・バスタードなどが生息。野生動物種の繁殖センターも設けられている。

 沙漠の広域では、生物はマレだが、上記の保護区以外でも、体長1.6mほどに育つオオトカゲなどが見られる。


 クィジルクム沙漠の西外縁には、アム・ダリヤ支流の対岸、カラ・カルパクスタン共和国?の領域に、エシャン・カラの遺跡?が存在。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/14 16:12:19
キーワード:
参照:[アジア州のランド・マーク] [ランド・マーク] [カラクム沙漠]
このページは凍結されています。