新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

トゥラン低地

トゥラン低地 トゥランていち
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

ロシア語名
Туранская низменность
英語表記
Turan Depression

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「トゥラン低地」は、内陸アジアで、カスピ海?の東方から、アラル海?の南東方向にかけての、盆地状の広い土地を指す地理学用語。

 現トルクメニスタン領南部から、カザフスタン領ウズベキスタン領にまで渡り、アフガン=チュルケスタン?(アフガニスタン北部の平地部)も含むこともある。降水量が少なく、沙漠などの乾燥地帯が続く間に、内陸河川やオアシスが散見される。

 最も標高が低い地点は、トルクメニスタン領内にある、海抜下81m(−81m)の地点。北西で隣接しているトゥルガイ川谷?を介して、西シベリア平原に連絡している。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 トゥラン低地の領域を、より細かく示すと、以下のようになる。

  • 西縁は、カスピ海?東岸から、ウラル山脈南部にかけて。
  • 北縁は、カザフスタン丘陵?の南斜面。
  • 東は、アルタイ山脈?、天山山脈?パミール高原に取り囲まれる。
  • 南縁は、コッペ山脈?から、アフガン=チュルケスタン?にかけて。

 およそ、1,500,000平方kmに渡り、南部のカラクム沙漠、中部のクィズィルクム沙漠?他を含む、世界で最も広い乾燥地帯の1つ。アム・ダリヤ?(アム川)、シル・ダリヤ(シル川)が流れる。

 年間降水量381mm以下で、土壌は、主に砂沙漠と泥沙漠とが混在。泥沙漠地帯では、内陸河川を利用した灌漑農業もおこなわれている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「トゥラン低地」の名は、20世紀初頭、中央アジアの特徴的な地域を現わすため、研究者の間で唱えられはじめた。

 「トゥラン」の名は、元々、『アヴェスタ』などに古代ペルシア語で記されていた、半ば伝説的な内陸アジアの遊牧民の名から採られている。

 ありていに言えば借用語で、当時の歴史言語学?、民族学?で議論されていた「トゥラニアン説?」の影響が見てとれる。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

  • トゥラニアン説?
  • トゥラン人?
  • 汎トゥラニズム?

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/14 08:39:34
キーワード:
参照:[カザフスタニア] [ランド・マーク] [トゥルガイ台地] [アジア州のランド・マーク]
このページは凍結されています。