新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アルシノエの遺跡

アルシノエの遺跡 
アルシノエの いせき
(暫定版)

記事内容、追加調査中の暫定版です。

アラビア語名
(調査中)
英語表記
Archaeological Site of ASofArsinoe

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「アルシノエの遺跡」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 「アルシノエの遺跡」は、エジプト=アラブ共和国ファイユーム地方で、ファイユーム市の北近郊に近接している遺跡地帯。現状は、小高い丘、あるいは低めの遺丘状になっていて、目立つ遺構は遺っていない。、浮き彫りなどで装飾された石材が幾つか遺っているくらいだ。これらの遺跡もプトレマイオス朝?期か、ローマ時代の物と目されている。
 「アルシノエ」は、プトレマイオス朝のプトレマイオス2世?が、紀元前3世紀に改名した都市名。2世の姉妹で、エジプト風の聖婚をした王妃アルシノエ2世?の名にちなんだものだった。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値10〜12」「情報+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報  古代都市「アルシノエ」は、改名前は「プトレマイオス・エウエルゲティス(Ptolemais Euergetis)」の名で呼ばれていた。さらに以前は、古代ギリシア語名「クロコディロポリス?」の名で呼ばれた、古い古代都市。古代エジプトの言語?では「シェディェト」と呼ばれたノモスの都だった。
 遺跡地帯からは、19世紀後半の1877年〜1878年には、古代末期のパピルス文書が近傍から多量に発掘された。これらの文書により、地域での初期キリスト教徒の歴史がかなり詳細に知られるようになった。
 都市が、プトレマイオス・エウエルゲティスからアルシノエに改名されてしばらく後頃、都市には、サマリア人集団の移入があったようだ。ローマ帝国がキリスト教化した後、アルシノエには教区教会のような大きな司教座教会が設けられた。
 都市が、侵攻したアラブ・イスラム勢に制圧されたのは、642年のことだった。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/21 19:12:42
キーワード:
参照:[ファイユーム県] [ファイユーム市] [+αのワールド用語] [ハワラの遺跡]
このページは凍結されています。