新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ハワラの遺跡

ハワラの遺跡 ハワラのいせき (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語名
Archaeological Site at Hawara

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ハワラの遺跡」は、エジプトで、ファイユーム地方の南東に近接した古代の遺跡地帯。古代エジプト?の中王国時代?に建立されたピラミッド址を中心に、葬祭殿跡や、より後世の墓域などが遺っている。

 ファイユーム・オアシスを擁す窪地は、袋状地のようになっていて、周辺を囲む微高地や低山地が南東方向で途切れている。この高地が途切れた方向をユーセフ運河が流れているのだが、ハワラの遺跡は、丁度、微高地が途切れる端に位置。ファイユーム地方への入り口の北にあたる。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ハワラの遺跡は、やはりファイユーム県外縁の乾燥台地上に位置するラフーンの遺跡?の西方に位置。ファイユーム・オアシス内に位置するアルシノエの遺跡の南方にあたる。

 遺跡地帯で、もっとも目立つのは、第12王朝?アメンエムハト3世が建立させたピラミッド。このピラミッドは、中王国時代?に建立された多くのピラミッド同様、日干しレンガで囲まれていた外周が崩壊しつつ、石灰岩で組まれた中核部分を囲んでいる。

 かつて外周を飾っていた石板は、長い時代の間に石材に転用されてしまっているので、外見は遺丘のように見える。遺丘にしては小高い形状を保っているのは、内部の石組みが遺っているためだ。

 ハワラの遺跡に遺るピラミッド址には、かつて葬祭殿も併設されていた。この葬祭殿は、ヘロドトスが「迷宮」として記し、ストラボンなどが古代に記録した建物だったと目されている。こちらも現在は、基壇部分が断片的に遺っているだけだ。

 この葬祭殿かあるいは、ピラミッドの地下玄室が、アメンエムハト3世のミイラが埋葬された地だろうと推測されている。しかし、地下は地下水の湧出で発掘できず確認されていない。ピラミッド址から南に2kmほどの位置からは、アメンエムハト3世の娘、ネフェル-プタ?の埋葬地が発掘されている。

 また、ピラミッド址の北からは、ローマ時代の墓域も発掘されている。


 ハワラの遺跡では、19世紀半ばの1843年と、19世紀後半の1888年に大規模な発掘がなされた。

 1888年の発掘では、紀元後1世紀〜2世紀にかけてのパピルス文書が発掘された。ローマ時代の簿域から被葬者の肖像画146点が出土したのも、この発掘の時だった。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/12/05 19:09:07
キーワード:
参照:[ファイユーム・オアシス] [ファイユーム県] [小辞典ワールド編] [ファイユーム市] [遺跡]
このページは凍結されています。