新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アルザス語

アルザス語 アルザスご (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語表記
Alsatian (language)
フランス語表記
Alsacien

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「アルザス語」については、関連技能を持たないPCが予め知らないでいても不自然ではないと思われます。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「アルザス語(Alsatian language)」は、フランスアルザス地方で、現在も日常使用されているドイツ語系統?の言語。ドイツ語?系統の言語では“Els?ssisch”。

 現在、アルザス地方でも、フランス語?公用語になっている。が、住民のほとんどがアルザス語を日常使用している。

 アルザス語を母語習得した話者(ネイティブ・スピーカー)が、狭義のアルザス人の定義になっている。アルザス地方では、フランス語は、教養語のような用い方もされているので、多くのアルザス人はアルザス語とフランス語とのバイ・リンガル、ということになる。例えば、アルザス地方では商店などの看板には、アルザス語表記とフランス語表記とが併記されていることが珍しく無いし、アルザス語の新聞、雑誌なども刊行されている。

 ただし、現在では、アルザス人の内でも、幼年層、若年層には、フランス語のネイティヴ・スピーカーで、アルザス語を第2言語のように習得している者が増えている、とも言われる。


 アルザス語は、アレマン族が使っていた言語(古代アレマン語)から、分化派生した言語で、ドイツ語系統の言語の内では、高地ドイツ語?アレマン諸語の1つ。

 ただし、現在のアルザス語には、フランス語から流入した語彙(借用語彙)がかなり多い。アルザス語は、しばしば「アルザス地方で千年間用いられた言語」と言われるくらいなので、長年に渡って、フランス語から被った影響は少なく無いのだ。
(もちろん、「千年間用いられた言語」と言っても、中世の地域言語?が、そのままの形で現在まで用い続けられたわけではない)

【参照イメージ】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 研究者の間の専門的な議論では、アルザス語は、フライブルク市?などで用いられる南バーデン語?と同じ低アレマン語?に分類されている。

 ただし、低アレマン語には、バーゼルドイツ語?を含めるセオリー、含めないセオリーなどの議論もある

 また、アレマン語内の分類はともかくシュヴァーベン方言?とも遠くない、とはよく聞く説。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/09 20:20:38
キーワード:
参照:[アルザス人] [ロレーヌ・フランク方言] [アルザス地域圏] [+αのワールド用語] [アレマン語] [ストラスブール市]
このページは凍結されています。