新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ダンディー,スコットランドの〜

スコットランドのダンディー 
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語名
Dundee
フランス語表記
Dundee

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「スコットランドのダンディー」は、スコットランド北東部で北海につながるテイ湾北岸に面した港湾都市(ダンディー市)。グランピアン地方の南東に位置している。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ダンディー市は、1975年〜1996年の間、スコットランドの旧テイサイド州州都だった。行政改革で、1996年以降、市域がそのまま単独の行政区(カウンシル・エリア)になっている。

 中心市街は、市域の東西中ほど西寄りでテイ湾に面している。アバディーン中心市街の概ね南西で、地図上の直線距離93kmほどにあたる。

 エディンバラ市の概ね北北東にあたり、遠くは無いが、間にはフォース湾テイ湾が広がっている。

 市域(カウンシル・エリア)の面積は67.3平方km。居住人口は、14万人ほど(2008年)。1970年代のピーク時には20万人ほどの人口が居住したが、その後長期暫減が続いている。

【参照地図】

 天然の良港を基礎に発展した都市で、かつては、フランドル地方?や、バルト海沿岸との交易で栄えた。造船、精油、食品加工、繊維産業などの工業が営まれる。繊維産業では、19世紀半ばから営まれ始めたジュート(インド麻)工業が盛ん。

 他に、スコットランドの報道メディア、ジャーナリズムの歴史で、長く主導的だった歴史も持っている。

 スコットランドでは、規模の大きな都市の1つだが、1970年代からの不況期に、伝統的産業はいずれも斜陽化した。近年は、エレクトロニクス産業、バイオ産業などを誘致。経済状況も持ち直してきている。


 ダンディーは、スコットランド王だったウィリアム1世“獅子王”から、1191年に自治領(royal burgh)の地位を得た。その後、たびたびイングランド軍に攻められた。13世紀にはエドワード1世の軍勢に占領さている。14世紀には、スコットランド王になっていたロバート・ブルース?に自治都市の地位を認められた。

 100年戦争の時期には、スコットランドはフランス王朝寄りになり、リチャード2世?の代に、エディンバラ、パース?に相次いでイングランド軍に占領された。イングランド王国による占領が続いた16世紀半ばには、城壁が建造された。当時の城壁は、極、1部だけが現在の市域に遺っている。

 その後、スコットランドの宗教改革の中心地になり、改革派の拠点として「スコットランドのジュネーヴ」とまで呼ばれたが、同時に、反議会派の拠点にもなった。17世紀前半には、チャールズ1世によって、再度自治都市として認められたが、同世紀の半ばには、クロムウェル時代のイングランド議会軍に攻撃され、多大な被害をこうむった。

 産業革命期から、造船、鉄道関連の産業、貿易で栄えた。他の都市でリネン産業が衰退した時期に、ジュート生産に切り替えていたことも幸いして、19世紀には1時、エディンバラに次ぐスコットランド有数の貿易都市になっていた。ちなみに、ダンディーでジュート生産が盛んになったのは、加工に鯨油を利用する工法を活用したためだった。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。
  • 市域中央部に位置する丘陵地(ダンディー・ロゥ)の考古調査から、地域では、3500年ほど前にはヒトの集住があった、と推定されている。
  • やはり、ダンディー・ロゥから発掘された埋葬遺体から、鉄器時代にはピクト人?の勢力圏だっただろう、との推測が有力だが、この件には異論もある
    ピクト人の言語で“Alec-tum”と呼ばれていたのが、現在のダンディーにあたる地域だったかもしれない。(この地名は、17世紀初め頃まで使われていた)
  • ダンディー・ロゥからは、ローマ風の陶器片も出土している。
  • ダンディーについての文献記録は、知られる限り12世紀に記されたものが最も古く、それ以前の歴史の詳細は知られていない。
    1191年に自治領(royal burgh)の地位を得ているが、おそらく、それ以前から交易拠点として栄えていただろう、と推測される。
  • 「ダンディー」の地名も謎めいて、その起源や解釈には幾つかの説がある
    歴史伝承では、スコットランド王ウィリアム1世の兄弟が、十字軍から帰還した後に、「神の賜物」を意味した“Donum Dei”の名を町に与えた、と伝えられている。
    言語学者の間の有力説では、「スコットランド・ゲール語名の“D?n D?agh”は「炎の砦」といった意味の地名から派生したのだろう」と言われている。

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

参照地図

補足情報

  • ダンディーには空港があるようですが、これは国内線用の地方空港とみなす処理を挙げておきます。

別称類

主要国の言語
  • 英語名=Dundee
  • フランス語表記=Dundee
  • スペイン語名=Dundee
  • アラビア語名=(調査中)
  • ロシア語表記=Данди
  • 中国語表記=〓迪
    (〓は表示できない漢字)
その他
  • スコティッシュ・イングリッシュ=Dundee
  • スコットランド・ゲール語=D?n D?agh
  • ピクト人の言語(?)=Alec-tum
    “Alec-tum”の地名は、17世紀初め頃まで用いられていたが、ピクト人の言語については未解明の点が多い。“Alec-tum”をピクト系の古代名とするのは、推測説と見ておくほうが無難だろう。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/06/29 00:48:12
キーワード:
参照:[テイ湾] [アバディーン,スコットランドの〜] [ダンディー・ロゥ] [ヨーロッパ州のランド・マーク]
このページは凍結されています。