新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ヒエラコンポリスの黄金隼頭像

ヒエラコンポリスの黄金隼頭像 
ヒエラコンポリスの おうごん はやぶさ とうぞう 
簡易版

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ヒエラコンポリスの黄金隼頭像」は、19世紀末にエジプト=アラブ共和国南部にあるヒエラコンポリスの遺跡から出土した考古遺物。ヒエラコンポリスの祭神だった、ホルス神を形象った物と目される。

 古代エジプト?の古王国時代?末に作製されたものと見られている。

 現在は、エジプト首都のカイロ?に位置する、エジプト博物館?に収蔵。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「ヒエラコンポリスの黄金隼頭像」は、黄金の打ち出しで整形されたもので、青銅製胴体部分に接合されていた。

 ウラエウス?の飾りと大きな羽飾りを付けたモルティエ型の冠を被っている。眼球は黒曜石のはめ込み。

 古王国時代末の第6王朝?期の作と鑑定されている。

【参照イメージ】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

形状
 装飾的な冠を被った隼頭部の立体フィギュア。
 打ち出し整形で内部は中空。
素材
 黄金、黒曜石。
サイズ
 Enc3。
 重量はさほどでないが、冠部分の分バランスはよくないと想定。
補足情報
出土状況 「ヒエラコンポリスの黄金隼頭像」は、ヒエラコンポリスの遺跡での、1897年〜1898年の発掘で出土した遺物。このときの発掘では、ナルメルのメイス・ヘッドナルメルの化粧パレット、他も発掘された。
 ヒエラコンポリスの遺跡からは、先王朝時代?から古王国時代にかけてのさまざまな時期に制作された遺物が出土して。黄金隼頭像は、制作が遅い時期の遺物の1つ。
 埋蔵の理由が、古王国時代末期の混乱から宝物を護る目的だったのか、あるいは、なんらかの宗教儀式に伴う神への奉納が意図されたものだったか、定かではない

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/10/13 20:22:24
キーワード:
参照:[ヒエラコンポリスの遺跡] [アーティファクツやオーパーツ・ソース] [エジプト誌]
このページは凍結されています。