新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

フーゼスターン州

フーゼスターン州 
フーゼスターンしゅう (Khuzestan Province) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「フーゼスターン州」は、イラン=イスラム共和国国土の南西部にあって、ペルシア湾の内奥部に面している州。州都はアフワーズ?

 州域の西縁は、ほとんどが平地部で隣国イラク共和国と国境を接している。フーゼスタン平地が油田地帯を擁すこともあって、20世紀後半に戦われたイラク・イラン戦争?では、フーゼスタン州が主戦場になった。

 古代にペルシス地方と呼ばれた地域とかなり重なり、古代ペルシア系の遺跡や、それ以前のエラム系の遺跡などが複数ある。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 フーゼスタン州の地形は、西部のフーゼスターン平地?と、東部のザクロス山脈?中南部とに大別することができる。州域中部からザクロス山脈を越え、イラン高原縁辺に渡る地域の古称が、「ペルシス」。この地域は、しばしば、「ペルシア国家の故地」とイメージされる。

 州都アフワーズ?は、ササン朝?時代に発展した都市だが、アケメネス朝以前にも遡る。

 ザクロス山脈から流出するカルーン川?、カルクヘフ川(Karkheh)、ジャハリ川(Jarahi)などが、平地を潤している。フーゼスタン平地は、テイグリス川?の南東でメソポタミアの外縁に連なる平地地帯。乾燥した高地が、国土のほとんどを占めるイランにあって、例外的に農業生産力の高い地域になっている。

 地域の気候は、基本的には暑く湿潤、冬季には乾燥して過ごし易くなるが、夏季は熱帯のような高温多湿になる。


 州域の総面積は、面積63,238平方km。人口は、2005年の推計で4,345,607人。平均人口密度は、1平方kmあたり67人ほどの計算になる。

 2005年の人口数値は、2004年の国勢調査に基づく予想値。2004年の人口は、4,277,998人だった。1996年の国勢調査では、都市部集住率が6割強、35%強が田園地域に居住、他に1%前後の短期居住者、長期滞在者がいる、とされた。しかし、地域の都市に多いとされる出稼ぎ労働者の総数は1%よりも多いのではないか、とも言われる。

 州域は、イラン国内でも、ペルシア系イラン人以外のエスニック・グループが多い地域。ペルシア語だけでなく、アラビア語も日常的に通用している。地域伝来のペルシア語は、独特の方言になっている。他に、チュルク系言語の話者や、山岳民族など少数派のエスニック・グループも少なくない。

 宗教は、イランの他地域同様、シーア派信徒が多数派。少数派のスンナ派コミュニティーや、ユダヤ教徒、キリスト教徒のコミュニティーも存在。他に、マンダ教?の信徒もいる。


 地域のアラビア人人口は、15世紀半ば頃から増えた。16世紀には、地域は、「アラビスタン(アラビア人の土地)」と呼ばれるようになっていた。特にサファビー朝?時代には「アラビスタン」が主流の地域名で「フーゼスタン」の地域名は古称になっていた。

 「フーゼスタン」の古称は、パフラヴィー朝を興す直前の、レザー・パフラヴィー?(レザー・シャー)が、クーデタでカジャール朝ペルシア?の実権を奪った翌年、1923年に復活した。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 地域の民族構成に関する公式データは公表されていない。

 ペルシア系やアラビア系住民以外の主なエスニック・グループには、ザクロス山脈の山岳民Behbahanis、 Laks、Lurs(北Lurs)がいる。チュルク系のエスニック・グループ、Qashqai族、Afshari族、Dezfulらのコミュニティーも存在。

 都市部では、ペルシア系イラン人が主流。ただし、彼らの多くは地域先住の血統で、イラン高原のペルシア系イラン人とはまた異なる習俗を持ち、気質も異なる、と言われる。他に、移住者ではなく、先祖からのアラブ系イラン人も多い。


 「フーゼスタン」の地名は、古代ペルシア語で「フージの土地」を意味した言葉が変化したもの。「フージ」とは、古代ペルシア語でエラム人?を意味した。

 現在のフーゼスタン平野から、ザクロス山脈?南部、及び縁辺高原(イラン高原)では、ヒトの活動痕跡は、B.C.8000年頃までは、遡って確認されている、と言われる。概ね1万年前で、後氷期が、さらに温暖化に向かった時期にあたる。

 フーゼスタン平野を含む、ティグリス川下流の東域平地は、古代メソポタミアでも、しばしば東方異民族の侵出があった地域。エラム系の都市国家群も多数営まれた。

 この地域に、メディア族に従属的だった時期の古代イラン人の一派が渡来。イラン高原の、古代イラン系部族を統合する型で形成されたのが、アケメネス朝であり、古代ペルシア民族もアケメネス帝国形成の過程で、民族的なまとまりを強めていった。

 こうした歴史を反映して、古代末には、フーゼスタン平野からザクロス山脈?南部にかけてが「ペルシス地方」と呼ばれ、しばしば「ペルシア故地」のようにイメージされた。現在の州都アフワーズ?の近傍には、アケメネス朝時代の宮殿の遺跡が遺る。この宮殿は、エラム時代の集落の上に建てられたものだった。

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/10 12:01:51
キーワード:
参照:[ホラムシャハル] [バフティヤリー族] [ルール人] [ロレスターン州] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。