新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

マルセイユ

マルセイユ 
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

フランス語名
Marseille(マルセイユ)
スペイン語名
Marsella
英語名
Marseille(マルセイル)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「マルセイユ市」は、フランス第1位の港湾都市。パリに次ぐ第2位の規模の都市で、周辺も併せた大都市圏の規模は第3位。近郊の郡多数の行政中心地でもある。

 リオン湾?の北東部で、ローヌ川?河口部の東にある小湾の東岸に立地。

 ブーシュ=デュ=ローヌ県?の行政中心地と、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の首府とを兼ねている。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 マルセイユ市は、北東方向ではサン・ボーム山塊?に、南部の東方ではガラバン丘陵? と エトワール山地?に取り巻かれている。

 市域は16の都市区からなり、8つの行政区に大別されている。沿岸沿いに南北方向の幅が広いが、南部に行くにつれ、奥行きも広くなっている。市域面積は、240.62平方km、市内人口は、2005年の統計で82万人ほど。

 近郊も含めた都市圏では、1,290平方kmに、135万人ほどが居住(1999年)。大都市圏の面積は、2,830.2平方kmで、160万人ほどが居住(1999年)。

【参照地図】

 食品、工業製品などが集荷され、主に新港(New Port)から各地に出荷。マルセイユ - ローヌ運河を通じた、内陸との水運も盛ん。

 造船業、食品加工業、アルミニウム精錬、繊維業など多種の産業が営まれる。近郊のベール湖?周辺では石油化学工業が盛ん。現在でも漁業は盛んだ。

 マルセイユ大都市圏でみると、中小企業の方が圧倒的に多い。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。
  • 近傍には、3万年ほど前の旧石器時代の洞窟壁画が知られている、
  • 新石器人の定住地遺跡は、B.C.6,000年頃のものが知られている。
  • 古くは、北方のケルト系部族と、地中海周辺各地との交易センターとして栄えた。
  • その後、カルタゴ系フェニキア人の影響力が強まったようだ。
  • B.C.600年頃、ギリシア系フォカイア人が入植。
  • 紀元前4世紀頃、ケルト系ガリア人の移住が増えたが、マッセリアの港ではギリシア系定住者の商業活動が根強く続いた。
  • B.C.121年に、共和制古代ローマの元老院属州、ガリア・トランサルピナの1部として併合。
  • 属州ガリア・トランサルピナは、皇帝アウグストゥス?の代に、属州ガリア・ナルボネンシスに再編された。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

参照地図

別称類

主要国の言語

  • フランス語名=Marseille(マルセイユ)
  • 英語表記=Marsella(マルセイル)
  • スペイン語名=Marseille
  • アラビア語名の音=(調査中)
  • ロシア語表記=Марсель
  • 中国語表記=〓〓
    (表示できない漢字2文字で表記されている)

その他

  • イタリア語?名=Marsiglia(マルシッリア)
  • ラテン語による古称=Massilia(マッサリア or マッシリア)

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/01 14:06:34
キーワード:
参照:[コート・ダジュール] [アイスランド共和国] [マリョルカ島] [プロヴァンス地方] [ブルターニュ地方] [ピュテアス] [アヴィニョン] [ニース] [トゥーロン]
このページは凍結されています。