新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

マサハルタ

マサハルタ (Masaherta) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 マサハルタは、紀元前11世紀の半ば頃、10年に満たない期間、テーベ?のアメン神殿でリーダーだった人物。「マサヘルタ」とも。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 マサハルタは、現在の古代エジプト研究で、テーベ神官団が「アメン大司祭国家?」と呼ばれる体制をとっていた時期のリーダーの1人。

 パネジェム1世の息子の1人で、父の死後、神官団のリーダーの地位を引き継いだ。ヘリホルから数えると、大司祭国家第4代のリーダーにあたる。

 「アメン神の第一神官(ヘムチェルテピエンアメン)」の称号を用いたかどうかは、現在までのところ確認されていない。しかし、父であるパネジェム1世から「軍団の指揮官」「全土の軍団の総指揮官」の称号を継承していたようだ。事実上は、第一神官位にあった、とみなして構わないだろう。

 マサハルタの没年は、B.C.1046年。アメン神官団のリーダーだったのは、足掛けで9年間になる。


 マサハルタのミイラは、テーベ?西岸の遺跡地帯にあるデイル・アル・バハリ?のカシェ?(隠し墓所)から発見されている。このカシェは、本来の埋葬所から、盗掘を避けるため後世の神官たちが、ミイラなどを移して再埋葬した場所。同じカシェからパネジェム1世や、メンケペルラーのミイラも発見された。ただし、しかも、マサハルタのミイラについては、副葬品の類があまり多く確認されていない。あるいは、多くは盗掘されて故売市場に流された後だったのかもしれない。

 発見された記録によれば、パネジェム1世の死没年がB.C.1032年頃と、思われるのに、マサハルタが第一神官位についた年は、B.C.1054年とされることが多い。この即位年の数値は、タニス王朝?の記録との対照研究によれば、かなり確からしい。

 父の死後、第一神官位に就くのに二十数年かかった背景事情については、テーベを中心に上エジプトが内戦状態にあったため、と考えられている。しかし、現在のところ、「内戦」の経緯は、あまり解明されていない

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイデア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
  • 2007-02-12 (月) 05:21:50 鍼原神無 : 少しだけ、記事内容を追加しました。
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/12 05:21:50
キーワード:
参照:[メンケペルラー] [小辞典ワールド編] [ジェドコンスエファンク] [パネジェム1世] [歴史上の実在人物]
このページは凍結されています。