新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

クィフト

クィフト (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
Qift
英語名
Qift

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 クィフトは、エジプト=アラブ共和国ケーナ県に位置する小さな町。

 ナイル流域から東方沙漠?ワディ・ハンママートを経由して、紅海沿岸部に向かう地方道のナイル流域側でルート近傍に位置している。

 特に観光化などはされていない(と、想定)。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 クィフトの町は、ケーナ県の南北概ね中ほどで、ナイル川右岸に立地。ルクソール市の概ね北東方向、およそ43kmほどになる。

 クィフトのあたりは、古代エジプト時代から地域の有力都市が営まれた場所になっている。上エジプトの第5ノモスとされたハラウィ(Haraw?)の都ゲブトゥが営まれていたのだ。「ゲブトゥ」は、ヘレネスたちに「コプトス」と呼ばれた都市だった。


 クィフトの近傍には、囲壁に囲まれた古代エジプト時代の寺院遺跡などが知られている。

 この遺跡は、1893年〜1894年にかけてと、1910年〜1911年にかけて発掘された。プトレマイオス朝?時代に改修された囲壁跡に囲まれた地区からは、古王国時代?に営まれた寺院跡から、プトレマイオス朝時代に築かれローマ時代にかけて修築を重ねられた寺院跡まで、極めて長期に渡って営まれた宗教センターの跡が発掘された。

 クィフトの町の北に位置するエル-クァラ(El-Qala)の村には、ローマ皇帝クラウディウスが、伝統的な地域の祭神ミン神?イシス女神ホルス神を祀って建立させた寺院の跡も知られている。

 2000年と2003年にオーストラリアの調査隊が、クィフトのあたりの広域で考古調査をおこなった。しかし、古代の都市構造などの解明は、今のところ充分おこなわれていない(と、想定しておく)。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/11/19 23:31:45
キーワード:
参照:[ワディ・ハンママート] [コプトス] [クゥス] [アポリノポリス・パルワ]
このページは凍結されています。