新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ルウェンゾリ山地

ルウェンゾリ山地 
ルウェンゾリさんち 
簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語名
Ruwenzori Range(ルウェンゾリ・レィンヂ)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ルウェンゾリ山地」は、中央アフリカ地域の北東部縁辺で、西リフト・バレーに沿うように連なっている山々を一括して呼ぶ地名。

 山域は、東アフリカ地域と中央アフリカ地域との境界部に位置している。現存国家の領域で言うと、コンゴ民主共和国(D.R.C.)ウガンダ共和国(リェパブリク・オブ・ユギャンダァ)との国境部にまたがっている。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ルウェンゾリ山地(ルウェンゾリ・レィンヂ)は、西リフト・バレー(ウェスタン・リフト・ヴェァレィ)の側面に形成された山地の総称。

 長さ120kmほど、幅65kmほどの山域はさほど広くは無いが、起伏に富んでいる。

 地溝帯の拡大によって形成された山地で、山域は西リフト・バレーに沿って細長いが、長い方向に明瞭な脊梁線があるわけではない。むしろ、地溝帯に概ね直交するような山列が連なっている。

 深い渓谷で区分される山塊6つに大別することができ、時として「ルウェンゾリ山群」とも呼ばれる。

 最高峰は、スタンリー山の5,110m。他に、スペケ山(4,890m)、ベーカー山(4,843m)、エミン山(4,798m)、ゲッシ山(4,715m)、ルイジ・ディ・サヴォイア山(4,627m)が高峰。これらの6峰の頂は、万年雪で覆われている。高山地帯では、高地性草原が優勢で、山麓は、熱帯雨林地帯。

 東側(ウガンダ側)の方が、西側(コンゴ民主共和国側)よりも高い山地が目立ち、コンゴ民主共和国側の斜面及び裾野部には、ヴィルンガ国立公園が、ウガンダ側にはルウェンゾリ国立公園が設定されている。


 ルウェンゾリ山地の、ことにマルゲリータ峰は、しばしば「地理学者のプトレマイオス?が伝えた、ナイル川の水源『月の山』」だ、と唱えられる。しかし、現在伝わる古代記録には、マルゲリータ山を「月の山」と同定するに足る、充分な地理的情報が記されているわけではない。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

 「増補待ち」

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/09/21 14:58:33
キーワード:
参照:[アルバート湖,アフリカの〜] [エドワード湖] [グレート・リフト・バレー(大地溝帯)] [ランド・マーク] [アフリカ州のランド・マーク] [セムリキ川]
このページは凍結されています。