新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アルバート湖,アフリカの〜

アルバート湖,アフリカの〜 
アフリカの アルバートこ 
暫定版

英語名
Lake Albert of Africa(レイク・エァルベァト・オブ・ェアフリカ)

記事内容、追加調査中の暫定版です。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 アルバート湖(レイク・エァルベァト)は、ウガンダ共和国コンゴ民主共和国(D.R.C.)との現在の国境線上に位置する湖。フランス語では「モブツ・セセ・セコ湖」の名で呼ばれることも少なくないようだ。

 アフリカの地域大別では、東アフリカ中央アフリカ地域との境界部の北部に位置する。広義のグレート・リフト・バレー(大地溝帯)の北西部に位置し、西リフト・バレー(ウェスタン・リフト・ヴェァレィ)に属す渓谷に形成された湖だ。

 アフリカの5大湖?の1つで、概ね、南東〜北西方向に横たわり、この方向の長軸に長い形状。

 ビクトリア湖(レィク・ヴィクトゥリア)?から流出したビクトリア・ナイル?などが流入し、白ナイルの源流の1つ、アルバート・ナイル?が流出している。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「情報+知性目標値8〜10」
やや詳しい情報 2005年まで、ウガンダ共和国北部では、政府軍と反政府勢力LRA(神の抵抗軍)との間で戦闘が断続していた。2006年から、ウガンダ当局とLRAの講和が交渉されているが、分散したグループが活動圏を断続しているとも言われ、国内難民のキャンプ襲撃や、外国人対象の誘拐、襲撃、物資強奪なども散発しているようだ。
 2007年現在、コンゴ民主共和国(D.R.C.)では、軍及び、MONUCと、武装勢力との間に散発的な戦闘が続いており、治安は回復していない。
小辞典版推奨判定
「交流+知性 目標値8〜10」「歴史+知性 目標値10〜12」「言語+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 「アルバート湖(レイク・エァルベァト)」は、「モブツ・セセ・セコ湖」の名でもしられている。「モブツ・セセ・セコ?」は、現コンゴ民主共和国の前身だったザイールの大統領位に、1965年〜1997年の32年間就いていた人物の名。
 ちなみに、英語名「アルバート湖」は、1864年に、イングランド人の探検家、サミュエル・ベーカーが欧米人としてはじめて到達した時に命名したもの。ビクトリア女王の配偶者で、1861年12月に死去して間もなかったアルバート公の名にちなんで、命名された。
 他にも、幾つかの別称が知られている。
 アルバート・ナイル沿いのパクワチ(人口不詳、10万人未満級)などが至近の都市。
小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値8〜10」「歴史+知性 目標値10〜12」「言語+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 アルバート湖は最大幅、およそ32km、長さおよそ160km。湖面面積、およそ5,300平方km。湖面高度、およそ615mほど。最大深度、およそ58m。
 流入する水源の大部分はビクトリア・ナイルに依存。湖の北東岸に流入している。
 他の主な水源としては、エドワード湖(レイク・ェドワァド)から流出してきたセムリキ川(セムリキ・リヴァ)が、湖の南西端から流入。
 アルバート・ナイルは、湖の北辺から流出している。
小辞典版推奨判定
「生存+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 セムリキ川が流入するアルバート湖の南西端部分は、沼地地帯になっている。
 アルバート湖の北西岸からエドワード湖の間には、ルウェンゾリ山地に属す山々が連なっている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「交流+知性 目標値12」「情報+知性 目標値14」
詳しい情報 
 アルバート湖は、魚類に富み、本来なら漁業が盛ん(現在も営まれている)他、カバやワニも多数棲息している。近辺には、ライオン、アフリカゾウなど野生動物の棲息も多い。
 ビクトリア・ナイルの流入口から、川沿いに13kmほど溯ると、マーチン・フォール国立公園?の領域に至る。

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

地勢と環境

 グレート・リフト・バレー(大地溝帯)、及び西リフト・バレー(ウェスタン・リフト・ヴェァレィ)北辺に位置するアルバート湖は、長辺の両岸が、比高数百mの崖、及び山地の山腹に挟まれている。南西部から続くルウェンゾリ山地などが有名。

 湖南西端の、セムリキ川流入口周辺は、渓谷の底がやや開けた平地で、湿地が、沼地上の湖に断続している。北東部で、ビクトリア・ナイルが流入し、アルバート・ナイル?が流出するあたりは、湖面と比高がさほど変わらない平坦地が開けている。

 赤道直下にあるが、標高が高いため、年間を通じての最高気温は30℃ほど。

 雨季は3〜5月と、10〜11月。

別称類

 「アルバート湖(レイク・エァルベァト)」は、基本的には、英語名。

 現地では「アルバート・ニアンザ(湖)」と呼ばれる事も。

 ザイール時代には、「モブツ・セセ・セコ湖」とも呼ばれた。フランス語では、この湖名で呼ばれることもある。

 他に、「マプト湖(Maputo)」の旧称でも知られる。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/08/11 14:11:40
キーワード:
参照:[モブツ・セセ・セコ湖] [エドワード湖] [ランド・マーク] [アフリカ州のランド・マーク] [セムリキ川]
このページは凍結されています。