新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

スカンジナビア山脈

スカンジナビア山脈 
スカンジナビアさんみゃく 
簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。
英語名
Scandinavian Mountains(スキャンディネイヴィアン・マウンテインズ)
現地名の音
スキャンダーナ・コーレン(スウェーデン語)

 スカンジナビア山脈(スキャンディネイヴィアン・マウンテインズ)は、スカンジナビア半島(スキャンディネイヴィアン・ペニンスラ)の脊梁部をなす山脈。

 広義には、連なる山地全域を含めることもある。広義の用法は、スカンジナビア半島のほぼ全域に渡り、「スカンジナビア山域(マウンテイン・レインヂ・オブ・スキャンディネイヴィアン)」と呼んだ方が、ふさわしい。

 狭義のスカンジナビア山脈は、ノルウェー領(ノールウェイ領)スウェーデン領との国境部を縫うように、北北東から南南西に連なっている。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 スカンジナビア山脈(スキャンディネイヴィアン・マウンテインズ)は、スカンジナビア半島(スキャンディネイヴィアン・ペニンスューラー)の西寄りを走っている。北部では、西縁沿岸に迫り、多くの海岸線はフィヨルド性の断崖になっている。南部では、脊梁部の周囲に、準高原化した微傾斜地が連なっている。

 全般に山がちで渓谷が多く、陸路の移動の便は悪い。陸路は沿海部に偏る。南域の一部を除けば、主要自動車道のほとんどが、複雑な海岸線をなす断崖沿いに敷設されている。

 脊梁部など高度の高い部分には、氷河が残っていて、バルト盆地(バールティク・ベイスン)の北西縁をなしている。氷河の融水は、大小の河川をなし、半島の各所を潤す。東斜面の河川はバルト海(バールティク・シー)に流出。

 ノルウェー領(ノールウェイ領)南西部の山地西部を占める氷河は、「ヨーロッパに現存する最大の氷河」と言われている。

 最高点は、山域南部のガルヘピゲン山で、標高2,468m。


 環境としては、内陸部が冷帯多雨気候、沿海部が西岸海洋性気候。シラカバの類を主にしたツンドラ性の樹林と、草地とが入り混じっている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 スカンジナビア山脈(スキャンディネイヴィアン・マウンテインズ)は、地質的にはカレドニア造山帯?に属す古期造山帯で、その地層は、主に先カンブリア代の古い岩層からなっている。この岩層は、プレート構造上は、バルト盾状地(バールティク・シールド)?の岩層と一体のもの、と目されている。


 山脈の地層は、スコットランドアイルランド島の山地、北アメリカのアパラチア山脈(アパラチアン・マウンテインズ)?などの山地地層で同質。これらの山地、山脈は、超大陸?パンゲア?で一連の地形をなしていたもの、とシミューレトされている。

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/22 13:08:49
キーワード:
参照:[スカンジナビア半島] [スカンジナビア] [ヨーロッパ州のランド・マーク] [ランド・マーク]
このページは凍結されています。