新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

コム・オンボの神殿遺跡

コム・オンボの神殿遺跡 
コム・オンボのしんでんいせき
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語表記
Temple of Kom Ombo

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「コム・オンボの神殿」は、エジプト=アラブ共和国の上エジプト地方?で、ナイル川流域に位置する、コム・オンボの町近郊に位置する神殿遺跡。

 ナイル川に面した小高い丘の上に、プトレマイオス朝時代?に建立された神殿の遺跡が遺っている。

【参照イメージ】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 コム・オンボの神殿は、鉄道駅を中心にしたコムオンボの町の中心街区からは4kmほど離れている。観光客の多くは、アスワン市から一縁を巡るツアー・バスで訪れる。フェリーなどで訪れ、小舟に乗り換えてから、神殿近くの船着場から上陸する人たちもいる。

 コム・オンボの神殿は、大ホルス?(ハロエリス)を祀る聖所と、セベク神?を祀る聖所が併設された複合神殿。神殿正面から向かって左手奥にハロエリス神とその家族神が、右手奥にセベク神とその家族神が祀られている。

 神殿の本体は、縦軸(長軸)を挟んで左右が概ね対称の平面プランで築かれていた。ハロエリス神と共に祀られていた家族神は、タセントネフェルト女神と息子神のバネブタウイ神。セベク神の家族神ととして祀られていたのは、ハトホル女神とコンス神?

 エジプトの伝統神殿には、3柱の神が家族神ととして共に祀られている事例は多い。しかし、コン・オンボの神殿のように2組の家族神(系6柱)が複合して祀られた事例は、他に知られていない。この祭祀の形式が、プトレマイオス朝時代よりも前に遡るかどうかは定かでは無い


 現在、部分的に遺構が遺っている神殿は、新王国時代?にトトメス3世?が建立させた神殿の跡地に、プトレマイオス6世?が新たに建立させた神殿。プトレマイオス6世の後も部分的な修築、改築がおこなわれた。ことにプトレマイオス8世?の代に多くの修築、改築がおこなわれた。

 かつては、2重の回廊に囲まれた神殿が、さらに外側の囲壁に囲まれていた。

 現在、構造物が遺っているのは、神殿本体の中心部分。天井部分は喪われているほか、内側の回廊もかなり崩れている。外側の回廊はほぼ基台部分近くが遺る程度(と、想定しておく)。神殿本体も中心軸から離れた部分ほど崩落が多い。

 かつて囲壁に囲まれたいた神殿の境内にあたる敷地は、かなりの部分が長い間にナイルの増水などで流されている。境内の内には、神殿本体との間に、前庭(中庭)を挟んでほとんど崩落したパイロン(塔門)?の跡も遺ってる。

 塔門址に向かって左手にプトレマイオス7世?の建立した小さな誕生殿址が遺る。右手の少し奥、神殿前庭の右手外には、かつて囲壁に沿って設けられていたハトホル女神の小神殿跡も見られる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

参照地図
  • Image:Kom Ombo map
    (コム・オンボ神殿の平面プラン略図,Wikimedia Commons
    略地図の左手方向が、ナイル川下流。

リンク

関連項目

資料リンク

補助資料

+αの補助資料
(あれば便利な補助資料)

  • ナイルの遺産
    旅行者を想定した遺跡、史跡のガイドブック。
    コム・オンボの神殿については、遺跡図付の解説記事が掲載されている。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/04/05 15:04:28
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [アスワン県] [コム・オンボ] [遺跡]
このページは凍結されています。